Archives

now browsing by author

 

食生活アドバイザーってどんな資格?

食生活の知識を深められる

食生活全般に対しての深い知識を持ったスペシャリストであり、相談やアドバイスなどをしていき、食生活改善を行っていきます。
民間の資格となっており、仕事をする上で必須の職場はないですが、食品メーカーや飲食店、教育現場、医療現場などと、活躍の場は幅広くあります。
ちなみにこの資格では、2級と3級があり、なぜか1級はありません。
企業によっては、2級を取得すると、資格手当の付くところもあります。

資格を取得すれば、消費者から見た食の知識、提供する側から見た食の知識が身につき、幅広い知識を得られます。
仕事でも活かすことはもちろん可能ですが、実生活でも活かせる知識が多いです。

特に食品を扱うような会社で働く人に役立つ資格であり、食品や栄養に関する知識が身につくので、そのような説明を行う場面で役立ちます。
食材に関する知識も身につくので、飲食店などでは、献立を考えたり、新しいメニューを作るようなときに役立ちます。
食生活の知識がメインとなるので、栄養士などの方が取得すれば、栄養面と食生活面という両面の知識が身につきます。

食育の知識も身につくので、子供を相手にする仕事をしている方は、食育として知識を活用できます。
または、介護や医療関係の仕事であれば、お年寄りや障害者に対して、食事の栄養面でのサポートや、食生活でのサポートを行えます。
日常生活でも、仕事でも、どちらでも役立つような知識を得られる資格です。

独学でも取得できる

食生活アドバイザーの資格を取得するならば、認定団体が開催する試験があるので、受験して合格すると資格取得となります。
試験はおよそ3ヶ月に1回ぐらいの割合で行われており、試験日の1ヶ月前ぐらいまで願書を受け付けています。
試験に合格さえすれば資格を得られ、受験資格に制限はないので、誰でも受けることが出来ます。
試験会場は全国10カ所ぐらいであり、近くに試験会場の無い方は、出向く必要があります。
2級と3級は、その日に同時に試験を行い、時間をずらして行います。
試験後は、1ヶ月程度すると、合格者には認定証となるカードの合格証が送られてきます。

試験合格を目指すならば、独学でも十分に可能であり、または通信講座などを受けても良いでしょう。
独学で学ぶ場合は、食生活アドバイザーのテキストが販売されているので、それを使って勉強すれば良いです。
通信講座を受けるなら、いくつかあるので、その中で自分に合っていそうな通信講座を受けると良いです。
試験は60点以上取得で合格であり、独学でも十分に合格レベルまで達することができますが、確実に合格を目指すならば通信講座で学ぶのが良いでしょう。
通信講座だと添削サービスなどがあるので、自分の勉強レベルを把握しやすいです。

管理栄養士ってどんな資格?

健康サポート

栄養指導を行い、健康に生活できるようにサポートするのが仕事です。
栄養指導と言っても、ただ単に栄養面で足り無い部分や、どのような栄養が必要かとアドバイスするだけでなく、給食調理、献立作り、食育、さらにはアスリートに対しての栄養管理、その他の人のダイエット相談などと、幅広い仕事があります。
仕事場としては、病院や保育園、スポーツジムなどと、食事を扱い栄養管理が必要なところで活躍できます。
また食品開発などで、食品メーカーで働く方もいます。

似たような資格として栄養士がありますが、上位の資格となっており、より深い知識を求められます。
調理よりも栄養管理をメインとして仕事をしていくので、より栄養に関する深い知識を必要とするのです。
病院や介護施設の中で、1回300食以上、または750食以上の食事を作る施設では、有資格者を置かないとならないと決められているので、資格を取得しても仕事を探しやすいです。

実際に仕事をしていくとなると、生活習慣や疾患によって、人それぞれ必要となる栄養があり、食事が違ってくるので、専門知識を活かして適している食事をアドバイスします。
その人の健康状態を考えて、ときには相談に乗り、献立を考え、または実際に調理することもあります。
食の正しい知識を持ってもらうための講義や教室などを開催することもあります。
病院であれば、医療サポートの一員として、医師や薬剤師、看護師などと一緒にチームになり、栄養管理を行っていく、NSTという働き方もあります。
徐々にNSTを作っている病院は増えており、病院でも管理栄養士が求められるようになっています。

栄養士の資格を得ないと取得できない

管理栄養士になるためには、まずは栄養士の資格を得ないと、資格取得のための試験を受験できません。
その後は管理栄養士になるため試験を受けますが、受験資格を得るために、その前に1年から3年の実務経験を積まないとなりません。

栄養士になるために、何年制の学校を卒業したかで、管理栄養士となるための必要となる実務経験の年数が違ってきます。
また試験を受けなくても、管理栄養士の養成課程を卒業しても、卒業後にそのまま資格を得られます。

資格を取得した後は、多くの方は仕事を探すでしょうが、栄養士よりも就職で有利です。
給与面でも有利となり、管理栄養士を置かないとならない施設もあるので、仕事は探しやすいです。
就職先としては、病院や福祉施設が多いですが、企業や保育園、行政機関などで働く方もいます。
栄養士と同じように、給食会社で働くような方もいます。
このようにして管理栄養士の仕事は、深い知識を必要とはしますが、栄養士と同じように、就職の幅が広いです。

栄養士ってどんな資格?

栄養の管理と指導

栄養士は栄養に関するスペシャリストであり、食事管理と栄養指導を行います。
すでに広く知られている資格であり、国家資格になっており、取得すれば仕事に繋がりやすいです。

食事管理は献立管理であり、学校や病院で、必要な栄養は何かを考えて、それを元に献立を作ります。
ただ単に栄養を満たしていれば良いということではなく、出来上がる食事は美味しいということも重要となり、栄養面と味を考えて献立を作ります。
仕事場所によっては、医師や看護師、または調理師と一緒に献立を考えていくこともあります。
栄養指導はカウンセリングを行い、どのような食事をすべきか、提案して相談にのります。
特に糖尿病などの疾患のある人へのアドバイスを行うことが多く、病院などで仕事をして活躍していきます。

栄養に関する知識を持った人に与えられる資格となるので、食事や栄養関係の職場での仕事があり、求人は沢山あります。
仕事場としては、病院や福祉施設、学校や社員食堂など、食事を作るような場所では、どこでも需要のある資格です。
少ないですが、食品会社などで働く人もいます。
さらには自衛隊の食堂での勤務、給食会社に所属して働く方もいます。
食事は人間に欠かせないものであり、日本全国、首都圏から田舎まで、地方や離島にいたるまで、どこでも需要がある資格です。
栄養士の免許取得者として、有資格者を募集している会社もあります。

試験を受けなくても資格を得られる

栄養士の資格を取得するならば、大学や短大などの栄養士養成課程に行き、卒業すると得られます。
学校を卒業すれば、試験を受けなくても、免許証が交付されます。
4年制大学や短大、専門学校の該当する課程を修了すれば取得できますが、栄養士に関しては夜間や通信制の学校はないので、昼間に通うことになります。

栄養士というと、女性をイメージする方が多いですが、最近は男性で資格取得する方も増えています。
現場で働くとなると、調理することも多く、思い食材や調理器具を扱うので、力と体力のある男性は適した職場であり、重宝されます。
仕事のために資格を取得する方も多いですが、栄養や健康に関する知識を深めたいからと、資格取得する方もいます。

資格取得して仕事をするとなると、どこかに所属して働くというのが一般的となりますが、フリーで働いている栄養士の方もいます。
フリーでは自分で仕事を探していかないとなりませんが、役所や保健所に問い合わせると、仕事が見つかることもあります。
どこかに所属して働くのではなく、料理教室を開催するなどして、働くような方もいます。
資格を取得すれば、多くの場所での需要があり、仕事の仕方も色々であり、自分に最適な職場を探しやすいです。