変わる女性の働き方

now browsing by category

 

働く女性と保育園

働くことに危機意識

N612_ekinoho-muwoarukuoyako500女性の働き方も多様化してきている現在、昔のよう結婚をしたら仕事を辞めるという風潮は、なくなってきているように感じます。

社会的な問題や経済的な問題を抱えている日本では、ワーキングプアと呼ばれる世帯も増えるなど、女性の社会進出がどうこうと言っていた時代よりも、もっと働くということに危機意識があるように思えます。

働きたいという人も、もちろんたくさんいると思いますが、働かざるを得ないという状況の人も多いのでしょう。
少子化が進み、子どもをもっと生んでほしいと望まれている一方で、共働きでないと生活できないというような社会では、問題は深刻化するばかりで、解決の方向には、いまだ動き出していないように感じます。

そのような中で、経済的なこともあり、働き続けたいと希望して産休を取っていた人が、子どもを保育園に入所させることができなかったという理由で、最終的に退職せざるを得ないような状況もあったりもします。
この国は、女性にどうなってほしいのか……、施策がまったく見えないですよね。

自分の働き方を模索している最中

しかしそのような中で、大きなニュースになっていたのが「横浜市待機児童ゼロ!」という話です。
横浜市のような大きな市でそれをやり遂げたことは、他の市区町村にも良いモデルケースを示すことができたと言えるのではないでしょうか。
本気で少子化対策をして、女性に子どもを産み、その上でさらに働いてほしいと社会が望むのであれば、そのくらいのことは当然だと言ってしまいたいくらいです。

実際、子育てをしながらの仕事というのは、とても難しいものがあります。
ビジネスのシーンでは、仕事を優先しなくてはならないことは、女性だってわかっているのです。

しかし、ビジネスのシーンというのは、元々男性社会ですよね。
もちろん、会社にもよりますが、男性社会の長い歴史に比べたら、女性の社会進出なんてごく最近の話です。
女性のほうが、公平性を求めた結果だということも、あるかもしれません。

しかし、背景の違うもの同士に、同等のビジネスを求めるというのはやはり難しいことだと思います。
だからこそ、現在は多様な働き方があるのだとは思いますが、まだそのようなことが始まった過渡期なのだと感じてします。

これから50年、100年経てば、きっと今とは全然違う社会になっているのでしょう。
しかし、今を生きる私たちは、今の環境の中で生きていくしかありません。

保育園や制度への期待と変革を希望しつつ、自分の働き方を模索しているのが、今の女性たちだと思います。

企業の福利厚生と女性の働き方

子育てと仕事

日頃、ニュースなどを見ていると、女性が会社で働くためには、実に多くの問題をクリアしなくてはならないのだなと感じます。
保育園などの問題もそうですし、保育園にアレルギーの子どもが預けられるかどうなどの問題も、最近とくに話題になっていますよね。

男女平等、という言葉が社会に浸透してから、男女雇用機会均等法という法律ができ、女性も結婚や出産をしても働き続ける人が多い時代になってきました。
これは、仕事をしたいと女性が望んだという部分ももちろんありますが、それ以上に子どもの教育費などを考えると働かないと暮らしていけない、といった実情が背景にあるのだと思います。

女性の社会進出という言われ方をしますが、働きたいから働いている人だけではないので、一生懸命に子育てと家計を両立させようとしている人に対して、自分が好きで働いているのだからと言って、手を差し伸べないのはどうだろうと感じるのです。
もちろん、このような社会の変化というものは、社会情勢や経済情勢の上にあるものであって、誰かの責任というものではないかもしれません。
しかし、社会というものが、みんなで作っていくものである以上、現在の状態も結局はみんなで作り上げたものだということになります。

女性の働きやすさ

このような中で、女性が働いていくのはやはりたいへんです。
社会はもちろんですが、会社も「女性に働いてもらう」ということを真剣に考えなくてはならない状態なのです。
さまざまな企業があり、さまざまな仕事がありますが、女性が多く働く分野の会社は、女性に対する福利厚生などを早くから導入している傾向にありました。
働く女性の多い現代においては、多くの会社で女性のための福利厚生が取り入れられています。

たとえば、産前産後休暇や育児休暇といった制度、みなさんの会社にはありますか?
また、実際に使用することはできるでしょうか?
制度があるのに、使用できるかどうか確認するというのはおかしいと感じる人もいるかもしれませんが、女性の雇用を増やすために制度を設定したものの、実際には取得させてもらえない会社もありますので、どのくらいの会社が「本当に」女性のことを考えているのか気になりますよね。

入社の前には、産前産後休暇や育児休暇といった制度の有無だけでなく、実際に取得ができているかどうかもしっかりと確認することが大切です。
会社によって「女性の働きやすさ」に差があるということです。

このような制度を取り入れることによって、男性も女性もお互いの役割や良いところを活かせる形で仕事に就くことができれば、社会もより上手くまわっていくはずです。

「働き方」を考える

様々な働き方

みなさんがこれから資格を取得したり、スキルアップをしたいと考えたりした時に大切なことは、自分がこれからどのように仕事をしていきたいか「働き方」というものを考えていく必要があります。
昔は「正社員」と「アルバイト、パート」といった形で、働き方もある程度決まってしまっていましたが、現在はライフスタイルの変化はもちろんのこと、男女雇用機会均等法などによって、男性でも女性でもさまざまな働き方ができるようになりました。

また、昔はお店も夜は閉まっていましたが、現在は24時間オープンしているお店も珍しくないため、働く時間帯なども昔に比べて多様化したといえるのではないでしょうか。

そのため、働き方そのものにも大きな変化が出始め、雇用形態も業種や職種によってさまざまなものができ始めました。

正社員だけでなく、準社員や契約社員といったものもありますし、その会社に所属となっていなくても、派遣社員のように、スポット的な働き方をする人たちも増えています。

また、フリーランスで活動している人たちもたくさんいます。
一時期、SOHOといったスタイルなども流行しましたが、今はどこでもインターネットが使えますし、自分から「発信」するのも簡単なので、フリーランスでの活動も以前に比べて可能性がたくさんあるのだと思います。

働く形態を考える

それだけに、自分がどのような形態で働きたいのか、ということの選択肢が増えていますので、資格を取得したり、スキルアップをしたりする際には、いつどんな時に活用できるかということを重視して考える必要が出てきます。

もちろん、若くて時間があるのであれば、自分の興味があるものを片っ端から勉強していくのもダメではありません。
向き不向きがわからない段階で、可能性を狭めることは得策ではありません。

しかし、ある程度キャリアを重ねて、仕事もできるようになってきたら、ターゲットを絞って考える必要が出てきます。
仕事をしながら勉強をするのですから、時間も限られていますし、その資格を取ることが自分にとってどのような意味や価値があるのかがわかっていなければ、忙しい中で勉強を続けるモチベーションを保つことそのものが難しくなってしまうことでしょう。

何かひとつのものを極めるというのは、とても時間がかかることです。
片手間でできることではありませんので、限られた時間を有効に使うようにしましょう。

働き方がある程度決まっていれば、どのような資格を持っていると有利かということも考えやすくなってきますので、10年後、20年後、自分はどうなりたいのか見据えたキャリア計画を立てるようにしましょう。