飲食系の資格

now browsing by category

 

食育コミュニケーターってどんな資格?

食のコミュニケーションを学ぶ

食育コミュニケーターは、食を通じてのコミュニケーションを学んでいきます。
それによって、相手への思いやりの心、企画力を兼ね備えた人材として、企業で活躍できる人物を育成します。
他の食育関連の資格と違い、はっきと企業で役立つ資格として定義されており、食品メーカーや飲食店、販売店などで働く人に役立つ資格です。

資格を得ることによって、お客様視点の食を提案し、お客様のニーズに合った情報や商品を提案します。
また、お客様のニーズに応えるために、説明する力や、要望を聞く力も養います。
企画力、コミュニケーション力、人間力を養うための資格であり、企業で働くと多くの場合は誰もそのような事は教えてくれませんので、仕事で役立つ資格です。

たとえば、小売店であればお客様とコミュニケーションしながら、商品を提案するような力を身につけます。
食品メーカーであれば、食育に関する企画提案を行い、お客様視点の商品開発をしていくための、知識を得られます。
どうしても、食育というと広い範囲になっているので、何から学んでいけばよいかわからないこともあります。
そんな人のために、順序立てて、食育のことを学んでいけるようになっています。

いくつかの講座がある

食育コミュニケーターは、個人向けや法人向けと、いくつかの講座があります。
どの講座に関しても、受講後は、認定証や認定カードが発行され、試験はなく、受講するだけで資格を得られます。

・スターター講座

資格を取得したい方が、最初に受けるとよい講座です。
1日6時間の講習が2日間にわたって開催され、生産や流通での食育、食の楽しさなどの知識以外に、ワークショップを行い実践講習もあります。

・プログレスコース

食育の基本を学び、ワークショップや研修など実践的な内容も行われます。
1日だけの講習となり、2時間ごとに、講座1から3まであります。

・企業プラン

こちらは法人向けの講習となっており、出張講習です。
常に開催しているわけでなく、企業から要請があれば、出張講習を行います。
1日6時間の講習を3日間行われます。
企業のニーズに合わせて、上記の講習よりも、より実践的な内容となっています。
食に関する深い知識、安全な食の提案、健康に配慮した食の提案などについての講習が行われます。

プログレスコースはオンライン講習となっており、スターター講座は大阪、東京、高知の会場で開催されます。
受講資格に制限はなく、講座を受講すれば、誰でも資格を得ることが出来ます。
特に企業で働く人にお勧めの資格であり、スーパーや飲食店、食品メーカーで働く人に、役立つこと間違いないでしょう。
講習受講料は若干高いですが、すでに4000名近くの資格所有者がいます。

食育デザイナーってどんな資格?

食育者を目指す方のための資格

食育デザイナーは、民間の資格であり、食育に関する知識を身につけられます。
食育というと、最近になって話題になってきた分野であり、まだ知識や学問としては確立されていません。
そんな食育の中で、将来食育者を目指す方のための資格になります。

日本の食文化の継承や、食を通じてのコミュニケーションなどと、食育の内容は様々です。
このような知識や技術のジャンルであると決められていないので、食に関して活動をしたい方におすすめの資格です。
残念ながら、日本食文化環境研究所は団体として小さく、NPO団体でもなければ、民間の企業でもなく、ほとんど個人が研究所と名乗っているようなところです。

もちろんこの資格を取得すれば、食育に関する知識を得ることは可能ですが、栄養士などの資格と違い、仕事で必須となる職業はなく、どのように活かすかは資格取得者に委ねられます。
研究所のホームページは2004年に開設されました。
実際に資格を取得するとなると、養成講座を受講しないとなりませんが、ホームページを見ると、養成講座のお知らせが平成22年で更新が止まっています。
残念ながら、食育に関する資格を取得したいとなれば、他の資格を取得した方が現実的でしょう。

参考サイト : 日本食文化環境研究所

食育に関するおすすめの資格

・食育アドバイザー

食に関する基本知識はもちろんのこと、安全性や栄耀、体の消化の仕組みなどを学んでいけます。
社会的にも重要となる知識なので、仕事で食育の知識を役立てたいならば、大いに使える資格です。
約4ヶ月程度で資格を取得できるので、取得したいと考えていれば、遅くても半年後には有資格者となれます。

・幼児食インストラクター

幼児食に関する知識を得ることができ、なかなか教えてもらえない幼児に対する食事をどのようにすればいいか理解できます。
小さい子供のいつ親御さんはもちろん、幼稚園などで子供を相手に仕事をする人にも役立ちます。
また、幼児食ではアレルギーなどのことも学べるので、安全性の面も知識として得られます。

・食育インストラクター

食に関する安全性を基本として、食のマナーを学び、世界的な視野でエコに付いても考えていくための資格です。
民間の食育の資格の中でも、調理専門学校など、学校に通って単位を取得しないと資格を得られず、少し取得のハードルは高いです。
しかしその分、授業で実践的な内容も行っていくので、知識ばかりでなく、技術も身につく資格です。
1級から4級、そしてプライマリーを含む5段階のレベルの資格があり、レベルに合わせて順に取得していけます。
どうしても、ゼロから資格を取得していこうとなると、学校に通わないとならないので、時間がかかります。

食育指導士ってどんな資格?

食の健康に関する資格

食育指導者は、食の健康の知識を持って、食育指導を行える人材に与えられる資格です。
通常の食育指導者と、その上級の2種類あり、食品や食事に関する知識を広めて、健康な社会を作るための活動を行います。
上級の資格となると、公演などを通じて、食の知識を広めることを求められます。

この資格は、食育シンポジウムから誕生した団体が主催して認定しており、現在まですでに1万人以上の有資格者を誕生させており、2005年から始まった資格ですが、広く普及しています。
食に関する健康な社会を作ることが、資格所得者に求められますが、それは大人や子供を問わずに、どの世代に対しても求めています。

資格を取得すれば、この仕事が出来るというような、必須の職業はないですが、食育に関係するような仕事であれば、資格を役立てていけます。
特に保育園などで子供を相手に仕事をする人は、小さい頃から食育は重要となるので、役立ちます。
または、小学生や、介護施設、医療機関など食事が重要になるような人を相手にしている人も役立てられます。

子供の食育指導への知識として、または高齢者への食事のケアの知識として、さらには保護者が子供への食事に役立てるための知識として使うことができます。
年齢を問わずに資格の知識は役立つので、取得しておくだけでも損はないです。
また公演などをメインとして、仕事で知識を役立てたいならば、上級食育指導者の資格がおすすめです。

資格取得には講習会に参加する

食育指導者の資格を取得したい場合は、認定団体が開催する講演会に参加し、最後に30分間の試験があるので、試験に合格すると取得できます。
合格後は、認定証とIDカードが発行され、これをもって食育指導者として名乗れます。
過去問はありませんが、有料のテキストを事前に送ってもらうことはできます。
または、講習会当日にテキストを受け取ることも可能です。

問題数は30問となり、数学や化学などを使った問題も出題されます。
そのために、当日講習会を受けただけで試験合格をするのは難しく、事前にテキストを受け取っておいた方が良いでしょう。
合格点は60点以上正解がラインとなっており、事前にテキストを読まないと合格ラインの点数を取るのは難しいです。

選択方式の試験となっており、合格を目指すならば、試験までにテキストを読んでおいて、試験対策をすべきでしょう。
食育という内容ながらも、数字を使う問題も出されるので、事前の対策は必須と言えます。
食育指導者の資格であれば、講習会は1日のみとなり、上級となると講習会は5日間開催されます。
ちなみに、資格取得後は、2年ごとに更新があり、更新しないと資格を失います。