飲食系の資格

now browsing by category

 

食育指導士ってどんな資格?

食の健康に関する資格

食育指導者は、食の健康の知識を持って、食育指導を行える人材に与えられる資格です。
通常の食育指導者と、その上級の2種類あり、食品や食事に関する知識を広めて、健康な社会を作るための活動を行います。
上級の資格となると、公演などを通じて、食の知識を広めることを求められます。

この資格は、食育シンポジウムから誕生した団体が主催して認定しており、現在まですでに1万人以上の有資格者を誕生させており、2005年から始まった資格ですが、広く普及しています。
食に関する健康な社会を作ることが、資格所得者に求められますが、それは大人や子供を問わずに、どの世代に対しても求めています。

資格を取得すれば、この仕事が出来るというような、必須の職業はないですが、食育に関係するような仕事であれば、資格を役立てていけます。
特に保育園などで子供を相手に仕事をする人は、小さい頃から食育は重要となるので、役立ちます。
または、小学生や、介護施設、医療機関など食事が重要になるような人を相手にしている人も役立てられます。

子供の食育指導への知識として、または高齢者への食事のケアの知識として、さらには保護者が子供への食事に役立てるための知識として使うことができます。
年齢を問わずに資格の知識は役立つので、取得しておくだけでも損はないです。
また公演などをメインとして、仕事で知識を役立てたいならば、上級食育指導者の資格がおすすめです。

資格取得には講習会に参加する

食育指導者の資格を取得したい場合は、認定団体が開催する講演会に参加し、最後に30分間の試験があるので、試験に合格すると取得できます。
合格後は、認定証とIDカードが発行され、これをもって食育指導者として名乗れます。
過去問はありませんが、有料のテキストを事前に送ってもらうことはできます。
または、講習会当日にテキストを受け取ることも可能です。

問題数は30問となり、数学や化学などを使った問題も出題されます。
そのために、当日講習会を受けただけで試験合格をするのは難しく、事前にテキストを受け取っておいた方が良いでしょう。
合格点は60点以上正解がラインとなっており、事前にテキストを読まないと合格ラインの点数を取るのは難しいです。

選択方式の試験となっており、合格を目指すならば、試験までにテキストを読んでおいて、試験対策をすべきでしょう。
食育という内容ながらも、数字を使う問題も出されるので、事前の対策は必須と言えます。
食育指導者の資格であれば、講習会は1日のみとなり、上級となると講習会は5日間開催されます。
ちなみに、資格取得後は、2年ごとに更新があり、更新しないと資格を失います。

幼児食アドバイザーってどんな資格?

幼児食の基本を学べる

民間資格であり、養成講座を通して、幼児食の基本を学び実践できます。
幼児食とは、以下のポイントを抑えた食事になります。

・子供に必要な栄養を含み、子供でもかみ切れる食材や調理になっている
・子供の味覚を麻痺させず、素材の味を活かしている
・子供が噛む習慣をつけやすいメニューである

幼児の噛む力はそれほど強くはなく、また飲み込む力も弱く、かみ切れるような食材や、柔らかく調理していることが重要です。
良く噛ませようと、過見応えのある食品ばかりであると、子供が飽きてしまいます。
子供が噛む習慣を付けるメニューとなると、微妙なさじ加減で調節しないとなりません。

コンビニやファーストフードなど、食品の発展はめざましいものですが、幼児食となると、まだまだ親が作るようなことが多く、ノウハウを得にくいのが現状です。
子育て世代の親や、育児に関わる人に、役立つような資格なのです。

また資格を、幼稚園や保育園などで働く人が役立てることもでき、栄養士や飲食業界の人などにも役立ちます。
この資格を取得して、幼児食教室を開くような方もいます。

直接的に役立つ方は、やはり子育てをしているような人でしょう。
幼児食となると、大人と同じ食事を与えるわけにはいかず、幼児の味覚や力に合わせた調理をしないとなりません。
味付けにしても濃すぎると良くなく、逆に薄すぎても良くありません。
肉などであれば、細かく切って、食べやすいようにして、煮て柔らかくした方が良いです。
幼児食のことを知らないと、栄養が偏った料理ばかりとなることもあり、子供の段階で肥満にさせるおそれもあります。

養成講座で取得できる

幼児食アドバイザーは、認定団体が主催する養成講座を受けると、取得できます。
幼児食の基本はもちろんのこと、幼児の体について、発育に必要な栄養のことも学べます。
さらには、最近は子供の頃からアレルギーが問題となっており、アレルギーについても学べます。
養成講座は基本は6ヶ月で修了となり、6回それぞれで課題を提出し、合格すると、資格を得られます。

1ヶ月ごとにテキスト送られてきて、メインとサブテキストがあります。
講座内容は料理家の人の監修の元で作られているので、その内容はわかりやすく、学びやすいです。

昔は幼児食というと、祖父母から学ぶなど自然と身についていきましたが、現在は核家族化が進んでおり、学ばないとわからなくなってきています。
市販のお茶を飲ませる、生ものを食べさせるなど、非常識な食事を与える親もおり、幼児食アドバイザーの資格が誕生しました。
実際にテキストで学ぶと、その内容はとてもわかりやすくなっているので、母親などの方でもスムーズに学んでいけます。

食育インストラクターってどんな資格?

食育の指導者

民間資格であり、食育の事を基礎から学び、社会で活躍できる指導者となるべき証の資格です。
食育インストラクターには、1級から4級、さらにはプライマリーまであり、理解度や実践レベルに応じて、内容が設定されています。

・1級

食育全般の幅広い知識を持ち、書くテーマの専門知識を有し、広く伝えて普及活動を行うことができます。

・2級

食育の幅広い知識を持ち、基本知識をわかりやすく伝える事が出来ます。

・3級

重要な食育のことを理解し、料理技術を向上させ、日常生活で実践できます。

・4級

食育の基本を理解し、家庭料理の基礎を学び、日常生活に役立てられます。

・プライマリー

食育の基本や柱となる部分を通信教育で学んで、日常生活に活かせます。

プライマリーと4級の資格試験の受験に制限はないですが、3級以上となると、下位の級の資格を得ていないと、受験は出来ません。
3級以上となると、栄養士などのプロの方も取得しているために、より本格的な内容になっています。

食育に対して世間の関心が高まっており、活躍の場も広がってきています。
医療関係や学校など、料理を行い、なおかつ食育が重要とされるような場所で活躍できます。
食育インストラクターとして、直接的な仕事はないですが、生活習慣病の方へのアドバイスや、食育の授業を行っている学校、食べ物を扱う販売店や飲食店などでの仕事が出来ます。
食品の偽装や汚染などの事件が頻繁に起こるようになってきており、今後ますます食育インストラクターの需要は増えるでしょう。

資格の取得方法

1級からプライマリーまでレベルがありますが、プライマリーは通信講座を受けて、資格取得が出来ます。
プライマリーであれば、試験はなく、認定課題を提出してクリアすれば、資格取得出来ます。
4級以降となれば、推進校に行かないと、資格取得が出来ません。
推進校は、食育インストラクターの養成校であり、主に料理スクールが推進校になっています。

4級は、推進校に通い、単位を修得し筆記試験に合格すると資格取得出来ます。
3級と2級は、推進校に通い、単位を修得し筆記試験と料理実技試験に合格すると資格取得出来ます。
1級は、2級の資格取得後に、1年以上の実務経験を積み、筆記試験に加え、活動報告書と、食育メニュー提案を行うなどの実践が必要です。

全体的にそれほど難しい内容の試験ではないですが、3級と2級になると、プロも受験します。
そして、1級となると、実践力が問われるので、試験対策だけをしても資格取得は出来ません。
食育の指導者を目指すならば3級以上を取得すべきであり、プロの方も受験しており、プライマリーや4級は、日常生活で役立つレベルの内容です。