IT系の資格

now browsing by category

 

PMP

PMPというのはプロジェクトマネジメントの知識や指導、構築をしていくといった立場において必要な資格となっています。
そのため、受験資格には一定以上の実務経験があることや公式のプロジェクトマネジメントを研修している、また受講している必要があります。
試験そのものはコンピュータで行われるのですが、決まった時間の中でたくさんの4択問題を解いて行くものになっています。

出題される内容や合格率について

試験で出題される問題については、プロジェクトの立ち上げやプロジェクトの計画実行、その他にも監視コントロール、さらにプロジェクトの終結などがあります。
それぞれの試験によって上記した内容がどの程度の割合で出題されるかは違っています。

またこちらの資格に関しては、合格率は決して高いものではなく、何度もチャレンジする人がたくさんいるようです。
この資格は日本で発足したものではなくアメリカが発足したものとなっているのですが、3年ごとに更新し維持していく必要があります。
ある意味ではそういった部分で生涯学習が必要な資格とも言えるでしょう。

資格維持するための研修を始めとして、勉強内容にはPDUと呼ばれている単位が設定されています。このPDUを3年間のうちに60ポイント以上取得することによって、資格の更新ができるようになっています。
反対に60ポイント以上が取得できなければ資格を取得したという権利そのものが消失してしまうことになります。

資格を取得した後、活躍できるのはどんなところ?

この資格は、上記の通りマネジメント部分において非常に役立つ資格ですから、IT関係の仕事であればどの会社でも活躍できる可能性があります。
国際資格としての知名度も高く合格率もさほど高くないことから、優遇されるのは間違いないでしょう。

実際の求人情報なども非常に多く、外資系での会社を始めITを扱っている会社であれば就職が可能となります。
プロジェクトマネージャというのはIT企業においての管理職ともいえる位置づけですから、組織そのものをしっかりと牽引していけるような立場として働くことができます。

またこの他にもインターネット上でパソコンの操作を始め、IT関係のサービスフローなどをしていく企業でお客様に対しての接客を行う立場でも働くことができるでしょう。
社内では若手社員を育成する立場となることがほとんどで、安定したプロジェクトそのものも維持していくために活躍していきます。

できるだけスピーディーに資格の取得を目指すのであれば、認定教育機関でのプログラムを受講すると良いでしょう。
試験そのものは短時間の中で非常に多くの問題が出題されますので、スピーディーに正しく問題を解いていく力をつけておく必要もあります。

CGクリエイター検定

近年ではインターネットに携わる仕事をしていく上で様々なデザイナーが求められています。
その中でも二次元CGをはじめ、アニメーションに携わるデザインなどはとても必要とされていますので、CGクリエイター検定を受けると良いでしょう。
こちらの資格に関してはベーシックからエキスパートに分かれており、特に受験資格などは定められていません。

主にはデザインを手がける仕事どうなっているため当然ながらデザインについての基礎知識を学ぶことになりますが、私的財産においても詳しい知識を持っている必要があります。

資格取得後の就職先はたくさんある

単純にインターネットといっても非常に様々なホームページをはじめ、会社アピールをするような場所がどんどん増えています。
その中で他社とは違った方面から自社アピールなどをしていく上で専門的な技術と知識を持つこの資格の所持者はとても必要とされています。
特にエキスパートに関してはネット上での編集だけではなく、写真撮影について知識なども持っている必要があり、この他にも映像の編集知識や技術を持つことになるため活躍できる場所が無限にあると言っても過言ではありません。

また、前述の通り、知的財産権についても十分な知識を学ぶため、ネット上でのトラブルに巻き込まれてしまうこともないでしょう。
非常に多くの企業では自社アピールのためのホームページなどを作成する際にわからない事もたくさんありますので、専門的な知識を持つこちらの資格の取得者を求める傾向にあります。
合格基準はどちらも100点満点中70%、70点以上になっており、受験料はベーシックとエキスパートで違いがあります。

勉強方法は独学をはじめ通信教育などもある

勉強方法についてベーシックであれば独学でも十分に合格することができますが、エキスパートに関しては独学ではやや難しい傾向にあります。
試験会場そのものが全国にありますので、お近くの会場を見つけると良いでしょう。
勉強方法についてエキスパートの場合には、専門的な通信教育やスクールがあるので活用した方が良いと言います。

特にモデリングに関してやマテリアルに関しては独学だけでは難しいので、スピーディに専門的な知識と技術を学ぶためベストな方法を選びましょう。
また、専門的なスクールなどもありますので、こうしたスクールに入校し積極的に勉強していくのも良い方法と言えます。

写真撮影を始めとして、動画や画像の編集やモデリングその他にもアニメーション作成なども行っていきますので、仕事は非常に楽しく充実したものとなっています。
自身のスキルそのものが正直に反映していく仕事ですのでスキルアップを目指しながら様々なテクニックを身につけるにも最低限必要な資格といえます。

日商PC検定

今後のIT 社会においてさまざまなアプリケーションソフトをはじめ、ネットワーク環境などの基本的な部分を把握しておくのは非常に重要なことです。
以前のようにパソコンに触れることのない人がIT企業で就職するのは難しく、様々な知識や技術を持っている人がどんどん優遇されています。

基本的な部分を学んだ上で、さらに専門的な部分を学んでいくのは当然ですが、基本的な部分さえどのように学んだら良いのかわからないという人もいるでしょう。
そういった人にお勧めで最も必要とされているのが日商PC検定試験となります。

こちらの資格は前述したように、アプリケーションソフトの活用やネットワークにおける本当に基本的な知識と技術を勉強するものとなっていて、1級から3級までに分かれています。
受験資格などは特に定められていませんので、ある程度知識や技術があれば初めての試験で一級を受験することも可能です。

受験は取り扱いのある商工会議所

基本的にこちらの資格は日商という名前がついているだけあって、受験はそれぞれの商工会議所となっています。
試験の日程などについてはそれぞれの会場で違いがあり、事前に確認する必要があります。
また、どの級においても実技、学科試験と共に70点以上が合格ラインとなっています。

3級比べると1級の試験内容は当然ですが非常に様々なジャンルから出題されますので、やはり一級を受けるためには、ある程度の実技や3級と2級の合格が狙えるだけの知識と技術が必要になるでしょう。
ベーシックでは実技試験が30分行われますが、文書作成ソフトの機能や操作などについての基本的な部分を身につけている必要があります。

また支持された通りにビジネス文書を入力できることや社内向け、社外向けなどの基礎的な部分での留意点もしっかりと把握している必要があります。
さらに作成した文書ファイルをしっかりと指示された名称の通りに保存することができるといった技術も必要になります。
もちろんこの辺りに関しては実際にパソコンを使用する人であれば非常に簡単ですが、一級に向けてこうした内容も徐々に難しくなりますので専門的な知識が必要となってきます。

一級試験に関しては実技でプレゼンテーションソフトの操作性、そして資料などを作成するライティング技術も必要となってきます。
またネット社会においてコンプライアンスや法律などについての知識も持っていなければなりません。

資格を取得した後の就職について

こちらの資格を取得し就職を考えていくのであれば、これだけでの就職は正直言って難しいかもしれません。
一級を取得しているとはいえ、あくまでもIT企業での基本的な部分ですので他にも専門的な資格などを持っていると有利になります。

ただ専門的な資格を取得する際にこちらの資格を持っていると、それだけ知識が身に付いていますのでチャレンジしやすいといえるでしょう。
また、この資格を所持していることによって、完全なパソコン初心者に対してのスクールなどで活躍することもできます。