人気の資格ランキング

now browsing by category

 

新しい資格

履歴書への記載

就職活動をするにしても、転職活動をするにしても、資格を持っているということは大きな強みになります。
資格がすべてではありませんが、やはり履歴書の資格の欄が真っ白だと、少しさみしいなと思いますね。
資格がなくても、知識や経験を備えているという人はたくさんいます。

しかし、それは書類からはわかりたせんし、それがどの程度の知識の深さなのか、スキルとしてどの程度のものなのかは読み取ることはできません。
資格を取るというのは、その資格に対する知識やスキルがどの程度あるのかということを証明することにもなるのです。

様々な資格

一口に資格と言ってもさまざまなものがあります。
国家資格のように国が認定している資格もあれば、各学校や会社が定めている資格もあります。
やはり公的な機関がきちんと定めている資格ほど、信用度も高いでしょう。
資格を持っていないと就くことのできない職業などもありますので、資格はキャリア形成を考えていく上で大切な要素であると言えます。

そのため、汎用性の高い資格や、逆にその知識に特化した資格に人気が集まります。
資格を取る人は、それを仕事に活かしたいと考えている人が多いので、その資格を取ることによってどんな職業に就くことができるかや、就職や転職の際に有利になるのかどうかを気になると思います。

その資格を取ることによって希望の職業に就くことができるたり、就職や転職の際に有利になったりする資格には当然ですが取得を希望する人が集まります。
資格の人気ランキングなどを確認すると、いま、どんな資格があるのか、その傾向がすぐにわかると思います。
何か資格を取りたいなと考えている人はその中から自分に合った資格を選ぶのも良いでしょう。

持っている人が少ない新しい資格

しかし、それ以外にも注目してもらいたいのが、できたばかりの新しい資格です。
できたばかりの資格は、目新しさもありますし、何よりもその資格を持っている人が少ないことから、需要が生まれたり、仕事に役立てたりすることができます。
就職活動や転職活動の時の話題作りにもなるのではないでしょうか。
未知な資格だけに、どの程度のスキルであるかの保証の見極めが難しいということもありますが、他に取っている人の少ない資格を取ることは、自分の希少性を高めることになります。
新しい資格は次々に生まれていますので、まずはどのような資格があるのかしっかりと情報収集を行い、気になる資格があったら積極的にチャレンジしてみるようにしましょう。

やっぱり必要な英語の資格

定番の基礎力が不動の人気

人気の資格には、その時その時の流行の資格というものもあれば、定番で人気の資格というものもあります。
流行の資格というのは、その業種になんらかの理由で注目が集まってその流れで資格取得にも関心が高まったというケースもありますが、新しくできた資格だから話題になっているというケースもあります。

新しい資格がでると、おもしろい資格ができたなとつい興味が惹かれますが、実績がそれほどない場合には、実際にその資格を取得してもどの程度役立つものなのかというのがわからないということもあります。

定番で人気のある資格というのは、やはり多くの人に使われる定番の基礎力を勉強するものであったり、必要とされる背景があるものが多かったりします。
そのような中で、やはり英語に関する資格というのは根強いものがあります。

コミュニケーションを取る為に

グローバル社会などという言葉が出てから何年経ったかわからないほどですが、現在ではインターネットを通じて世界中の人とやり取りすることも可能なのですから、すごいという他はありません。

しかし、どれだけインターネット網が発達しても、コミュニケーションをとるのはわたしたち人間同士。

やはり言葉の壁というものが多少なりとも存在しますし、プライベートなシーンだけならともかく、ビジネスシーンにおいてはちょっとした表現の違いなどが後々のトラブルになる可能性もありますので、やはりコミュニケーションを円滑に行うためには言葉の壁は取り払いたいところではないでしょうか。

世界で多く使われているのは英語なので、多くの人が英語を身につけたいと学んでいますし、実際、英語の資格は企業などでは取るように会社から言われるという人もいます。
英語の資格というと有名なのはやはり英検やTOEICが上位に来ると思いますが、現在日本で受験できる主な英語の試験と検定試験は60件以上もありますので、自分が必要としている資格をよく吟味して資格取得をするようにオススメします。

中にはぜんぜん聞いたことがないという資格もあるかもしれませんが、まだ新しい資格などもありますし、これから先も新しい資格は増えていくと思いますので、昔取った資格だけで満足するのではなく、常に新しい資格に対してもアンテナを張っておくことが大切であるといえます。

英語の資格は、日本の場合には、筆記で行われるものと、リスニングのもの、それを合わせてひとつの資格としているものなどがあります。
実際に使うシーンを想定して、何を重点的に勉強するかを決めて英語の資格を探してみましょう。

不動産関係への転職に人気の資格ランキング

より転職・就職を有利に

不動産関係へ転職したいと考える場合、やはり「資格を」と考える人が多い様です。
不動産関連の仕事の中には、必ずしも資格を必要としないものもありますが、それでも資格があることで、より転職・就職が有利になるというのは事実。

だからこそ、不動産関連の仕事をしたいと考えている人の中には、資格取得を求める人が多いのです。

ここで、どんな資格・スキルを求めている人が多いのかについてお話をしてみましょう。

求められる資格

第1位は宅地建物取引主任者。
いわゆる「宅建」ですね。
おそらく、「宅地建物取引主任者」という名称よりも、「宅建」の方が解りやすいという人は多いでしょう。
さて、宅地建物取引主任者ですが、これは不動産売買や賃貸契約に関する資格です。
不動産は、私たちが知らないような決め事がたくさん絡んでいるもの。
それを仲介する人間は、これら「不動産関係の資格」について、すべてを知っていなければなりません。
そういう意味で、つくられたのが宅地建物取引主任者の資格です。
この宅地建物取引主任者という資格は、不動産業を営むのであれば、5人に一人は必ず持っていなくてはなりません。
不景気の中でも、相変わらず不動産業界を目指して仕事をする人は多いので、この資格が人気なのでしょう。
また、余談ではありますが、転職や就職を考えてはいない人でも、この資格を取得するために努力をしている人もいます。
不動産の知識は、日常生活の中でも必要とされるものですからね。

第2位は、エクセル・ワード。
不動産を管理するにおいて、エクセルやワードは必須です。
土地や建物の情報を管理するために、基本知識としてこのスキルを高める人は多いみたいですね。
もはや、エクセルとワードが必要ない企業はないのかもしれません。

第3位は、普通自動車免許。
「不動産屋」というと、店舗にいるイメージも高いのですが、実は車を運転することが多い職業でもあります。
賃貸物件にしても販売物件にしても、現地を見に行かなくては購入するかどうかを決めることはできないでしょう。
その時は車を使うことになりますので、自動車免許の取得は必ず必要です。

4位は建築士。
不動産のことを説明するために必要なのが、建物に関する知識です。
たとえば、マンションであれば重量鉄骨なのか計慮鉄骨なのか、そのメリットはどんなところにあるのかなど、知らなくてはならないことは山ほどあるでしょう。
だからこそ、建物に関する基礎的な部分を学べるこの資格が人気なのです。

他にも、ファイナンシャルプランナーなどの資格が人気の様ですね。
不動産業界で求められるスキルは、販売から接客、建物に関する知識まで本当に様々です。