重宝されるスキル

now browsing by category

 

発信力

ビジネスでは理解してもらうことが大事

社会人にとって、コミュニケーション能力は必要不可欠です。
特に重要となるのは自分の意見を言えることであり、会議ではもちろんのこと、日常的な業務であっても改善点があれば発言することが求められます。
かつては「沈黙は金」などと言われる時代もありましたが、現代では何も言うことができなければ使えない人物と評価されてしまうでしょう。

ただ、自分の意見さえ言えば良いというものでもありません。
どんなに素晴らしい意見が言えても、それが相手に伝わらなくては意味がないのです。
そのため、ビジネスでは自分の意見を相手に理解してもらうということが大切になります。

発信力とは何か

そこで、ビジネスマンが身に着けるべき能力として近年注目されているのが発信力です。
発信力とは、意見を相手にわかりやすく伝える力を意味します。
仕事においては、誰かとコミュニケーションを取ることは避けられません。
よって、こうした力は社会人なら誰もが身に着けるべきだといえるでしょう。

特に、プレゼンテーションではこの力が重要になります。
たとえ良い企画内容だったとしても、理解されなくては興味を持たれることはないでしょう。
これでは企画に費やした時間を無駄にしてしまいますし、企業にとってもビジネスチャンスを逃してしまうことになります。

また営業や販売では、発信力は必須の能力といえます。
素晴らしい商品もそれが伝わらなくては誰も買ってくれないでしょう。
特に販売では、一般消費者に対してわかりやすいアピールをすることが大切です。
逆に、セールスポイントがあまりないような商品でも、発信力のある人物が売り込むことで契約成立となることもあります。

なお、発信力とは単に言葉の選び方や話し方の問題ではありません。
ときには、イラストや図などを取り入れて説明することも重要です。
効果的に使えば相手が理解しやすくなります。
ただし、やりすぎると幼稚な印象を与えてしまうので注意が必要です。

発信力を身に付ける方法

このように、発信力は社会人にとって必要な能力です。
では、どうすれば身に付けることができるのでしょうか。

最も有効なのは、自分の意見やプレゼンなどを誰かに聞いてもらうという方法です。
このとき、わからなかった点があるかを聞くようにしてください。
自分では問題ないと思う部分であっても、他人にとってはわかりにくいと感じる場合があるからです。
相手がわからなかった部分については、どうすれば伝わるのかを考えます。

このことは、自分が聞く側のときについてもいえます。
誰かの発表を聞いて理解しにくいと感じたら、わかりやすくなる方法を自分なりに考えましょう。
このようなことの繰り返しによって、次第に発信力が鍛えられていきます。

課題発見力

課題発見力が企業を成長させる

ビジネスはいつも順風満帆とはいきません。
それどころか、常に何らかの問題が存在しているのが普通です。
このような問題を放置すれば、企業の売り上げにも影響を与えるかもしれません。
逆に、問題を解決することがより質の高い商品やサービスが生み出すきっかけにもなり得ます。

このように、問題を課題として捉え、それを乗り越えることが企業を成長させます。
そのためには、誰かが課題を見つけなくてはなりません。
ただ、たとえ一人の社員が問題だと感じていても、それを指摘しない限り誰も気づくことはないでしょう。
そのまま放置していれば、気付いた時にはもう手遅れとなってしまっているかもしれません。

課題が社員に共有され、解決に向かっていくことで初めて企業としても成長できるのです。
そこで、社員に必要となるのが課題発見力です。

自分がすべきことを発見する力

課題発見力は、文字通り課題を発見する能力のことです。
それも、ただ発見するのではなく、それを指摘したうえで解決を提案するところまで含まれます。
したがって、課題を見つけたとしても、その解決まで見越して考えなくては課題発見力があるとはいえないのです。

ここでポイントとなるのが、「問題」ではなく「課題」を発見するとしている点です。
問題は、多くの場合、経験や前例で対処することが可能です。
その場合、解決したとしても企業が成長することはないでしょう。
また解決はできても、その本質的な原因について社員が理解できていないということも多々あります。

対して課題は、前例や経験では対処できないような問題を指します。
つまり、こうした課題を乗り越えるためには、その企業自体が成長することが不可欠なのです。
そのため、企業のあるべき姿を明確にし、直面してきた様々な問題の根底にある根本的な問題を把握しなくてはなりません。
その第一段階として、課題発見力のある社員の育成が不可欠になります。

課題発見力を鍛えるためには

では、どうすれば課題発見力を鍛えることができるのでしょうか。
課題発見力を鍛えるためには、常に何が課題かを考えることが必要になります。

簡単な方法は、自分を取り巻く環境などに対して分析を試みるということです。
いきなり大きなテーマから考えると混乱してしまうかもしれないので、まずは身近なテーマについて分析すると良いでしょう。
課題を発見したら、次はそれを解決する方法を考えます。
最初はうまくできないかもしれませんが、こうした思考法を日常的に繰り返すことで、課題発見力が磨かれていきます。

また、課題発見力のある人材には共通している特性がいくつかあります。
それは、前例にとらわれない思考ができること、視野が広いこと、常に知的好奇心を持っていることです。
これらを意識することによっても課題発見力は磨かれていくので、先に挙げた身近な環境分析とともに実践してみてはいかがでしょうか。

コミュニケーション力

社会人にとって必要不可欠な能力のひとつ

仕事をするうえで必要となる能力やスキルは、職種によって様々です。
ただ、どの職業でも共通して必要となる能力もあります。
それはコミュニケーション力です。
接客業や営業職などはもとより、その他の仕事でも意思疎通が図れなければまともに働くこともできないでしょう。

それゆえ、コミュニケーション力が不足していると判断されてしまうと、社会人としての評価も低くなってしまいます。
実際、企業が社員に求めるものとして挙げられるのは、多くの場合がこの能力です。
したがって、社会人なら誰もがコミュニケーション力を身につける必要があるのです。

社会人に求められるコミュニケーション力とは

このように、コミュニケーション力は仕事をするうえで欠かせない能力です。
ただ、学生時代に良好な友人関係を築いてきた就活生などにとっては、自分には縁のない悩みだと感じるのではないでしょうか。
しかしながら、そうでもない場合もあります。
というのも、社会人に求められるコミュニケーション力は、学生時代に必要とされるものとは異なるからです。

例えば、社会人の間で行われるコミュニケーションには礼儀が必要となります。
ときには、自分とは全く価値観の異なる人物ともやり取りをしなくてはなりません。
対して、学生時代や私的な関係におけるコミュニケーションでは、価値観や考え方の異なる人物とは交流を持たなくても良いのです。
もし、このような感覚で仕事をしていれば、信頼を得ることはできないでしょう。

加えて、コミュニケーションの主導権にも違いがあります。
私的なやりとりでは話し手が主体です。
しかし、社会人同士のやりとりでは常に受け手のことを考えなくてはなりません。
相手が何を求めているのかを把握し、齟齬のないようにわかりやすい言葉で話すことが重要です。

コミュニケーション力を鍛える方法

以上のように、コミュニケーション力は社会人に必須のスキルです。
ただ、なかには人とコミュニケーションを取るのに苦手意識を持っている方もいます。
そうでない方でも、失言や相手に誤解をさせてしまった経験が誰にでもあるのではないでしょうか。
このため、コミュニケーション力を鍛えることは多くの方にとって必要なことです。

先述のように、社会人には相手と誤解なく意思疎通を図ることが求められます。
小さな解釈の違いが大きな問題へと発展する可能性があるからです。
そこで、まずは相手の話をしっかりと聞くということを意識しましょう。
発言の意図を読み取ることができるだけでなく、話している側が受ける印象も良くなります。

この際、相手の気持ちを理解しようとすることも必要です。
もちろん、他人の心情を正確に把握することは不可能ですが、ほとんどの場合、感情が言葉遣いにも表れてきます。
また、なるべく具体的な話をするよう心がけてください。
抽象的な表現による誤解を避けるためです。