転職するには

now browsing by category

 

面接時「自分の短所」を上手く伝えるには

言って良い短所と悪い短所を見極める

就職活動の面接でよく聞かれる質問として「自分の長所と短所はなんだと思いますか?」というものがあります。
質問の意図としては、きちんと自己分析ができる人物であるかを見るためと、その人の性格を知りたいということが挙げられます。

長所はともかく、なかなか伝えづらいのが短所です。
短所はいわば自分の中でよくないと思っているところなわけですから、前向きな方向に話をまとめるのはちょっとテクニックが必要になります。

就職活動に関する短所紹介で十分に注意しておきたいのが「言って良い短所と言ってはいけない短所がある」ということです。

短所を尋ねられているのだから正直に答えるのが筋と思うかもしれませんが、極端な例として自分の短所に「お金にルーズでつい無駄遣いをたくさんやってしまう」や「すぐにカッとなって知らない人と殴り合いのケンカをしてしまうことがある」といったことを言い出したらどうでしょう。

とてもではないですが、そんな危険な人を好んで自社に採用しようと思う人事担当者はいませんよね。

他にも「太っている」「容姿が悪い」「病気がちである」といった身体的な短所も聞いている方でフォローがしづらく、よい印象が持たれにくい項目です。

面接時に挙げる短所としてのOKラインは、裏返して長所に言い換えることができるかどうかが判断ポイントになります。

短所を短所のままで終わらせない方法

裏返すことで長所になる短所としては「内向的」「せっかち」「緊張しやすい」といったようなものです。

これらはいずれも「熟考ができる」「仕事にすぐにとりかかれる」「慎重に準備をする」といった長所に裏返すことができます。

短所を上手に長所に言い換えるには「自分はここがダメなんです」といった自虐風に伝えるのではなく、「こういう側面があり直したいと思っています」というふうに前向きな姿勢を出すことがポイントとなります。

より説得力を持たせるためには、過去に自分の短所を長所として活かすことができたエピソードを盛り込むこともおすすめです。

「細かい部分が気になって作業が遅い」ということを短所として挙げつつ、「以前先に作業をしていた分が破棄となり、細かくチェックをしていた自分の分は助かった」というような話があると、なるほどよいこともあるのかと相手に思わせることができます。

もしくは「どんどん作業を進めてしまう癖がある」という短所に対し、「スタンドプレーで失敗をした経験があるので、今ではなるべく周囲の意見を聞きながら仕事をするようにしています」と改善途中であるという所をアピールするのも効果的です。

大切なのはどういった姿勢で仕事に取り組めるかということですので、独りよがりにならない冷静な性格判断をしていきましょう。

面接官を納得させる「退職理由」とは

返答に困る「退職理由」を面接で聞かれてしまったら

転職活動をしていて必ず遭遇することになるのが、面接時で聞かれる「退職理由」です。
そもそも理屈で考えれば、転職活動をしているということはすなわちそれまで勤務をしていた企業に不満があったということになります。

人によっては会社都合によってリストラや早期退職を促されたりといったこともありますが、大半の転職者は前職では自分の能力を活かせないという気持ちがあって辞めていることでしょう。

就職活動における面接では、ネガティブな意見は絶対にNGとなっています。
そのため仮に退職理由を尋ねられた場合にも、正直に「上司がろくでもない人だった」「就業環境が劣悪過ぎた」「同僚との人間関係がうまくいかなかった」と告げてはいけません。

非常に答えづらい質問ですが、そこで考えてもらいたいのが、なぜ人事担当者は退職理由を聞こうと思うのかということです。

面接を担当する人事担当者が退職理由を聞くのは、その人を新たに採用をしてもすぐに辞めてしまうのではないかという懸念があるからです。

期間を決めて雇用する場合と異なり、正規雇用として採用する場合はできるだけ長く働いて欲しいと思っています。

しかし以前の職場を数ヶ月や数年と短いスパンで退職をしているような人は、もしよい条件で雇用してもスキルが身に着く前に辞めてしまうのではないかと思ってしまうのです。

そのことを意識するだけで、面接時の退職理由はかなり述べやすくなるでしょう。

できるだけ正直に理由を言いつつポジティブに

退職理由を述べるとき、全く嘘八百を並べることも勿論できます。
ですが、下手な嘘は人事のプロにはすぐに見抜かれてしまいますので、いらない不信感を持たれてしまうことにもなりかねません。

ですので退職理由を述べるなら完全な嘘ではなく、本当のことを言いつつも最終的にポジティブな方向にまとめるということが大切になってきます。

例えば上司や経営者と決定的に意見が合わなかったという場合には人間性を一方的に責めるのではなく、「顧客満足度を充実させたいと思ってきましたが、売上の数値が重視される会社であったことから自分の望む営業はできないと感じるようになりました」といったように持って行きます。

残業時間が長すぎて体力が続かなくなったというのが退職理由の場合も、そのまま告げるのではなく「業務のフローが属人的な組織であったために本来の業務に集中できず、スキルやキャリアをアップするのが難しい状況でした」といったように言い換えましょう。

事情により数週間で離職してしまった場合には理由を説明するだけでなく「この会社では長く仕事を続けられるよう精一杯頑張っていきたいと思っています」と熱意をアピールしたいところです。

履歴書郵送時の基礎知識

就職活動で「書類を送ってください」と言われたら

就職活動のために求人情報を集めていると、募集要項に「必要書類を下記に送付してください」というものを見かけます。

通常就職活動においては、まずハローワークを通すかもしくは自分で連絡をして、それから必要書類を送付して書類選考を受け、合格となったときに面接が行われるという流れです。

ですが人気の高い職種や、人事担当者に暇がなくいちいち電話で予約を受けるのが面倒という場合にはいきなり書類を送るような方法がとられていたりします。

とは言え、いきなり書類を送付するという場合には中身が就職活動用のものであることがわからないと、適切に担当者のもとに届けられない可能性があるでしょう。

普通の企業では郵便物はまず総務など窓口で一括して受取り、そこから各部署に振り分けられていくことになります。

そのため履歴書など就職活動書類が中身を開けてみないとわからない状態になっていると、担当者以外の人が一旦開封しなければいけませんので、その分手間がかかり、個人情報も余計に見られてしまうものです。

市販されている履歴書には白封筒とともに「履歴書在中」という文字が赤字で印刷されている封筒が同封されています。

送付をするのが履歴書一通だけならよいのですが、転職活動においてはその他にも複数の書類が必要となるため付属の封筒を使用するのはおすすめできません。

作成した書類にできるだけ折り目をつけないためにも、書類送付用にA4サイズがそのまま入る封筒を購入し、雨に濡れて中身が破損しないようクリアファイルなどに入れて送付しましょう。

送付する書類と入れる時の注意

転職活動のために書類を送付するときには「履歴書」「職務経歴書」「添え状」の3つを最低限用意します。
職務経歴書の添付書類として過去の実績を証明するポートフォリオが必要な場合はそれも同封しましょう。

入れる封筒についてですが、少し古い就職活動マニュアルを見ると「茶封筒は失礼にあたる。白封筒をつかうべき」といったことが書かれています。

確かに白封筒は中が2重構造になっており高級感がありますが、現在は特に封筒の色によってマナー違反とされるということはないようです。

封筒には必要書類の他に「添え状」という、送付をすることについての挨拶文を記載した手紙を一通つけるようにすると親切です。

「添え状」はビジネス文書の体裁で書かれるもので、自分の名前と送り先となる企業名、今回送付をする書類一覧を記載します。

そこに今回どうして応募をしようと思ったかや、ぜひ読んでもらいたいポイントなどを記載しておくと書類選考のときに有利になります。

封筒の宛名ははっきり見える黒のサインペンを使用し、表面にはっきり「履歴書在中」と赤字で記載するようにしましょう。