転職するには

now browsing by category

 

転職理由を考える

企業は転職理由も見ている

近年、転職を決心する方は多くなっています。
かつては、一度入社したら定年を迎えるまでその会社で働き続けるというのが一般的でした。
しかし長引く不況のせいもあって、終身雇用という形態は揺らいでしまい、リストラや自主的な退職によって職を離れるというケースが増えています。
その結果、転職という選択肢が普遍的なものとなり、今日に至っています。

転職する理由は人それぞれです。
先に挙げたようにリストラにあったという方もいれば、自分のやりたいことを仕事にしたいとの理由で転職する方もいますし、労働環境が原因で転職を決意するという方もいます。
ただ、これらの理由が社会的に受け入れられているかはまた別の話です。
特に企業側からすれば、前の会社のように辞めてしまうのではと考えてしまいます。

良い印象を与える転職理由とは

このように、企業にとって応募者の転職理由は重要な意味を持っています。
ここから見えてくるのは、仕事に対して求めるものや姿勢、意欲などです。
採用担当者が見ているのもこれらの点であり、その内容によっては自社に不適格と判断されます。
このため、どのような転職理由がマイナスに評価されがちなのか、あるいはどのような理由ならそのままでも良いのかなどを把握しなくてはなりません。

では、転職理由にはどのようなものが多いのでしょうか。
転職理由として多いのは、雇用状態、労働環境に対する不満やキャリアアップ、キャリアチェンジなどキャリアに関するものです。
なかにはリストラや会社の倒産など、社員の一存ではどうすることもできない問題によって転職を余儀なくされたという方もいます。
また女性の場合では、男性と同様にキャリアやスキルを上げたいとの理由もある一方で、休日や残業についての問題、女性が働きにくい環境であることなど、労働環境に対する理由が多い傾向にあります。

このうち、キャリアやスキルアップが理由であればストレートに伝えても問題ありません。
また、会社の倒産やリストラが原因で転職する場合もその旨を伝えておきましょう。
ただしこれだけでは不十分なので、仕事に対する意欲や入社後にしたいことなどを付け加えるようにしてください。

一方、労働環境についての不満や病気など自身に原因のある理由の場合は注意が必要です。
こうした理由で転職すると聞くと、企業側は「また辞めてしまうのではないか」と考えてしまいます。
やはり企業にとっては、長く働いてくれる人を雇いたいと考えますので、伝えるのは避けた方が無難でしょう。
そのため、このような理由で転職する方は、面接で言ってもマイナスに評価されないような転職理由を考えておくことも必要です。

志望動機を考える

志望動機の持つ意味

転職するにあたっては、履歴書と職務経歴書を書く必要があります。
その際、書かなくてはならないのが志望動機です。

志望動機は、文字通りその企業で働こうと考えた理由を書くための欄です。
それも、理由のみを書くのではなく、自分の得た経験や能力、資格などと絡めて書くことが重要になります。
説得力のない文章では誰も信用してはくれないからです。
そして企業にとっては、志望動機が応募者の適性や意欲を判断する材料となります。

魅力的な志望動機を書ければ、採用担当者に好印象を与えることができます。
しかし、平凡な内容では興味を持たれませんし、もし間違った書き方をしていれば評価を落とすことにもなります。
そこで、志望動機を書く際に気を付けるべきポイントをいくつか見ていきましょう。

良い印象を与える志望動機の書き方

上記のように、志望動機を書くうえで重要なのは説得力です。
そのためにはしっかりと筋の通った、厚みのある文章を書かなくてはなりません。

よくありがちなのが、インターネットや書籍などに載っている例文をほぼそのままの形で使ってしまっているケースです。
これでは説得力のある文章にはならないうえに、引用したことが採用担当者に知られるとマイナスの印象を与えてしまいます。
このような例文は、あくまでも書き方の参考程度に考えておきましょう。
説得力を持たせるためには、自分の言葉で書くことが大切なのです。

しかしそうはいっても、いざ書こうとすると手が止まってしまうという方が多いと思います。
そんな方は、今一度転職する理由を振り返ってみることをおすすめします。
転職理由を土台において考えることで、一段と書きやすくなるはずです。
また、このことを念頭に置いて書くと、文章に一貫性が生まれ、説得力のある志望動機を書くことが可能になります。

そのうえで、その企業を選んだ理由や入社後に取り組みたいことなどを書いていきます。
とりわけ、「この企業でなくては駄目なんだ」という思いが強く伝わるような内容となることを意識しましょう。
志望動機を書くうえで最も重要なのは、応募する企業に対して熱意や意欲をアピールすることです。
企業としては、やる気のない人物と仕事をしたいとは思いません。

このとき、自身の体験談を絡めて書くとより効果的です。
採用担当者に興味を持ってもらうためには、強い印象を与えなくてはなりません。
しかし、多くの志望動機は似たような内容になりがちです。
そこで、自分なりの体験談を付け加えることにより、オリジナリティのある志望動機を作ることができます。

その企業を選んだ動機として、企業の特徴や魅力について書く方法もあります。
例えば、社風や事業の内容、商品、サービスなどを挙げる場合です。
実際、企業を知るのは商品やサービスの場合が多いですし、最近ではインターネットを通じて社風や事業の内容を把握することも容易になりました。
ただし、こうした内容ばかり書いて、肝心の動機の部分がおざなりにならないように注意しましょう。

資格と実務

スキルアップのための資格取得

みなさんが資格取得を目指す理由は人それぞれだと思いますが、やはり多いのはスキルアップやキャリアアップのためだと思います。
就職はもちろん、転職を希望している場合でも「自分」がどのような仕事ができる人間かということをあらわす指針になりますので、資格を取得しているというのは、証明のひとつとして大きいと思います。
社会人を経験していると、資格だけでなく「実務経験」の部分も重視されます。
これも同じように「自分」がどのような仕事ができる人間かということをあらわす指針になりますので、履歴書の「職歴」というのはとても大切です。
たいていの場合、転職者を採用する場合には「即戦力」が求められているので「職歴」で今までどのような経験をしているかというのが重要になってきます。

資格と実務経験、どちらが重視されるのかというのは、とても気になる問題です。
経験はないけれど資格を取得している人というのは、その仕事や資格に対してとても意欲を持っているということです。
やる気があるというのは、仕事を続けていく上で重要なモチベーションのひとつですので、これは大切な要素であるといえます。

しかしながら、資格を取得するための「勉強」と「実践」では、やはり違いがあります。
知識として知っていれば、実際になんでもできるというわけではありません。
もちろん、資格にもよるのですが、資格を持っていれば即戦力としてカウントしてくれるかというと、残念ながらそういうわけにはいきません。

そのため、仕事の内容によっては、実務経験のある人のほうが優遇されるケースが多いのは事実です。

資格取得は意味がない?

では、資格取得に意味がないかといえばもちろんそんなことはありません。
実務経験が職歴に書かれていたからといって、その実務経験で「どの程度のことができるのか」というすべてがわかるわけではありません。

たとえば、経理の経験者を募集している会社があるとします。
しかし、経理作業というのは、多岐に渡ります。
小口の管理から、給与の計算、源泉徴収票の発行など、決算のラストまですべてできる人もいれば、勘定科目を使った入力作業のみでも経験があると言う人もいます。
どちらも経理経験者であることは本当のことですが、会社がその人に任せたいと考えている仕事をクリアできるスキルを持っているのかという保障は、本人が「できる」という言葉を信じるしかなくなってしまいます。

しかしここで簿記の資格を持っているということであれば、少なくとも基礎知識は絶対に持っているだろうという根拠になります。
実際にできる人でも、それが本当にできるかどうかというのは相手に伝えるのは難しいことです。
同じ条件であれば、資格を持っている人を選びたいと感じることでしょう。
そのため、実務経験が豊富な人であっても、資格という証明を手に入れることは大切であるといえます。