転職するには

now browsing by category

 

面接後に出す「お礼状」について

面接後に「お礼状」は出すべきか?

就職活動における「お礼状」とは、面接が終わった後に面接を担当してくれた人に向けて送る文章のことです。
面接の段取りをメールでやり取りをしてきたという人ならばメールでもよいですが、正式には封書で送付をします。

メールでお礼状を送る場合にはスピード感が重要で、できるだけ早く面接が終わったその日のうちに送信するのがマナーです。

書面での送り状でもなるべく早めに送信をするようにし、間違っても内定の合否がわかってから届くようなことがあってはいけません。

ただ、そもそも「お礼状」を出す必要があるのかどうかということについても意見があります。
お礼状はそれがあったことにより採用が有利になるかというと、必ずしもそういうわけではなく、丁寧なお礼状を送ったのに容赦なく不採用にされたという人もかなり見られます。

結論を言ってしまうと、「お礼状」が効果を持つのは採用と不採用のギリギリくらいの評価を受けている人です。

面接までの就職活動が十分にうまく行っており、既に内定が確定されているような人の場合にはお礼状はあってもなくてもよいですし、逆に印象が悪く不採用が確実な人はお礼状を送ってもそれで評価が激変することはありません。

就職活動マニュアルにおいては「お礼状」は出すべきもののように書かれていますが、それがなかったからといって評価を大きく落とされるということはないのです。

あくまでもわずかな加点要素になる程度のものと思っておいた方がよいでしょう。
もちろん、個人的にお礼がしたくてその気持を示すために行うのであれば全く問題はありません。

誤字脱字や言葉遣いに要注意

基本的にはあってもなくてもよいのが「お礼状」なのですが、出してしまうことで余計な減点評価を招いてしまうこともあるので注意が必要です。

中でもよくある失敗例として「致命的な誤字脱字」や「言葉遣いの失敗」があります。
面接が終わってできるだけ早く送信した方が望ましいということもあり、慌てて文章を作成することもよくあるためです。

お礼状に記載する内容は基本的にはビジネス文書と同じで、担当者への宛名と冒頭の挨拶、それから本文である面接の感想を述べていきます。

文章のテンプレートはマニュアルやネットで数多く見かけることができるので、そうしたものを参考にしてもらいたいですが、完全に丸写しをしてしまってはいけません。

丸写しをした文章というのはどこか形式的で嘘くさい感じがするので、送ってもそれは「お礼状が来た」という以上の評価にはなりません。

誤字脱字やビジネスの言葉遣いに十分に注意し、手書きで丁寧に仕上げたお礼状を送ることで、本当にその企業に入りたいのだという意気込みを示すことができます。

面接時に効果的な自己紹介の方法

面接で最初に出される「自己紹介をしてください」への対策

就職活動の面接においてほとんどの場所で最初に出される質問が「自己紹介をしてください」です。
これは新卒・中途を問わず、採用を担当する面接官がとりあえず目の前の人のキャラクターを知ろうとしています。

しかし、自己紹介をする機会というのは普段の生活ではそうそうあるものではありませんので、いきなり振られてしまうと何をどう言ってよいのかわかりません。

まず就職面接の現場においてはかなりの高確率で聞かれる質問となりますので、事前にしっかり準備をして回答ができるようにしていきましょう。

最初に行う自己紹介で重要なのが「冗長になりすぎない」ということです。
どんな立場の人であっても、ダラダラと続く話というのはつまらなく感じられるものです。

自分というキャラクターを知ってもらおうとついつい長話をしてしまいたくなるところですが、3分以上になってしまった話はその8割は聞いてもらっていないと思った方がよいでしょう。

それよりも短くてもポイントをまとめた自己紹介の方が印象に残りやすく、的確に人物像を評価してもらえます。

最初の自己紹介で言うべき話題としては「名前」「職務経歴・最終学歴」「自己PR」「今回の志望動機」「まとめ」があります。

余計なことを削ぎ落としたピンポイントな自己紹介を目指す

話が長くてつまらない人にありがちなのが、話のポイントがわからず同じような話題がダラダラと続くということです。

こうしたつまらない話は事前に起承転結を考えず、話題が行ったり来たりするときによく起こります。
例えば自己紹介で自分の学歴や職歴を語る場合、必ずしも過去のことを全て語る必要はありません。

自分自身が楽しかったことや辛かったことを語るのもよいのでしょうが、就職活動の現場でほぼ初対面の人にする話としてはちょっと距離が近すぎます。

相手の立場として自分のどういったことを聞きたいかということを考えてみれば、おのずと必要な情報とそうでないものが分かってくるでしょう。

特に仕事においては携わったこと全てを自己紹介で述べる必要はなく、自分が長く関わった業務や最も大きな責任で行ったこと、印象深かった出来事だけを短くまとめていきます。

自己紹介の中でも人間性を問われるのが「志望動機」で、職歴を前提としてなぜここに応募をしたのかということを理論的に説明していきます。

詳しい志望動機については後で聞かれる可能性も高いため、最初から長く伝えるのではなく、触り部分だけを上手にまとめておいた方が後からの話題に困りません。

面接の現場においては完全に自由に自己紹介をさせてくれることもあれば、「1分くらいでお願いします」といったように先に時間制限をつけられることもあります。

面接時「自分の短所」を上手く伝えるには

言って良い短所と悪い短所を見極める

就職活動の面接でよく聞かれる質問として「自分の長所と短所はなんだと思いますか?」というものがあります。
質問の意図としては、きちんと自己分析ができる人物であるかを見るためと、その人の性格を知りたいということが挙げられます。

長所はともかく、なかなか伝えづらいのが短所です。
短所はいわば自分の中でよくないと思っているところなわけですから、前向きな方向に話をまとめるのはちょっとテクニックが必要になります。

就職活動に関する短所紹介で十分に注意しておきたいのが「言って良い短所と言ってはいけない短所がある」ということです。

短所を尋ねられているのだから正直に答えるのが筋と思うかもしれませんが、極端な例として自分の短所に「お金にルーズでつい無駄遣いをたくさんやってしまう」や「すぐにカッとなって知らない人と殴り合いのケンカをしてしまうことがある」といったことを言い出したらどうでしょう。

とてもではないですが、そんな危険な人を好んで自社に採用しようと思う人事担当者はいませんよね。

他にも「太っている」「容姿が悪い」「病気がちである」といった身体的な短所も聞いている方でフォローがしづらく、よい印象が持たれにくい項目です。

面接時に挙げる短所としてのOKラインは、裏返して長所に言い換えることができるかどうかが判断ポイントになります。

短所を短所のままで終わらせない方法

裏返すことで長所になる短所としては「内向的」「せっかち」「緊張しやすい」といったようなものです。

これらはいずれも「熟考ができる」「仕事にすぐにとりかかれる」「慎重に準備をする」といった長所に裏返すことができます。

短所を上手に長所に言い換えるには「自分はここがダメなんです」といった自虐風に伝えるのではなく、「こういう側面があり直したいと思っています」というふうに前向きな姿勢を出すことがポイントとなります。

より説得力を持たせるためには、過去に自分の短所を長所として活かすことができたエピソードを盛り込むこともおすすめです。

「細かい部分が気になって作業が遅い」ということを短所として挙げつつ、「以前先に作業をしていた分が破棄となり、細かくチェックをしていた自分の分は助かった」というような話があると、なるほどよいこともあるのかと相手に思わせることができます。

もしくは「どんどん作業を進めてしまう癖がある」という短所に対し、「スタンドプレーで失敗をした経験があるので、今ではなるべく周囲の意見を聞きながら仕事をするようにしています」と改善途中であるという所をアピールするのも効果的です。

大切なのはどういった姿勢で仕事に取り組めるかということですので、独りよがりにならない冷静な性格判断をしていきましょう。