転職するには

now browsing by category

 

履歴書に書く「自己PR」について

履歴書の「自己PR」欄は何を書くところか

履歴書として販売されている書類に必ず設けられているのが「自己PR」欄です。
「自己PR」欄は、趣味・特技欄と区別されているものと、一緒になっているものとがあります。

広い欄として取られている場合、一体どんな内容を記載すればよいかわからず迷ってしまいます。
ですが、自己PR欄は自分という人物像をわかってもらえる大変貴重な場所となっているので、本気で文章を作り丁寧に記載していくようにしましょう。

自己PR欄の書き方としては「過去どのような実績があるか」「そのとき自分はどのような立場で仕事をしていたか」「結果としてどういったことを学んだか」「就職後どういった形で能力を活かせるか」といった流れで進めます。

記載する内容はそれぞれの業種によって異なっており、これから応募をしようとする業種に合わせ、自分のアピールポイントも変えていきましょう。

転職の場合には履歴書以外に「職務経歴書」を提出することになります。
その場合、履歴書の自己PR欄と一部内容が被ってしまうことになりますが、要約としてまとめて記載する分には問題はありません。

むしろ履歴書の内容と職務経歴書が矛盾しないように記載するということが大切です。
重複が嫌ならば、あえて論点をずらして過去の実績などではなく自分の性格面や特技面にスポットを当てる、という方法もあります。

仕事以外のことを書くのもアリです

履歴書のテンプレートは複数ありますが、転職活動をする場合には「特技」「趣味」と欄が分かれているものではなく、一体になっているものの方がおすすめです。

特技や趣味が別項目に分かれていると「読書」「映画鑑賞」といった単独での記載となってしまいますが、一つの欄にまとまってくれていればそれらをうまく自己PRにつなげていくことができます。

ちなみによくある履歴書の疑問として「趣味」と「特技」はどこが違うのかということがありますが、「特技」は趣味よりも更に自分が得意としていて一つの技能になっているということを指します。

例えば「読書」や「映画鑑賞」といったものはそれ自体何か自分のスキルとなるものではないですが、「スノーボード」や「手芸」「利き酒」といったものは技能の習得につながる立派な特技です。

「趣味」はその人の嗜好傾向を知るための項目で、「特技」は仕事以外に何らかのスキルを持っているかということを知るためのもの、と思えばよいでしょう。

とはいえ「趣味」と「特技」は明確に線引できない項目(料理、パズルなど)もありますので、趣味の中でも特に自分が自信のあるものを特技としておくと良いです。

趣味や特技は仕事に直接関係ある必要はなく、雑学としての知識や教養がどの程度あるかということを示すために使います。

履歴書に載せる写真について

履歴書の写真を適当に撮影するのはNG

履歴書に必ず添付することになるのが証明写真です。
履歴書向けの写真のサイズは横3cm✕縦4cmときっちりサイズが決まっており、写真館での撮影はもとより、ボックスで撮影できるスピード写真でも履歴書サイズを指定できます。

なお撮影した写真を添付するときには、万が一剥がれてしまった時のために裏に氏名を記載しておくようにしましょう。

高校生や大学生のとき、アルバイト用面接のために初めて履歴書用写真を撮影したという人もいるのではないかと思います。

しかし就職活動のために履歴書を作成する場合には、1通だけでなくかなりの数を作成することになるでしょう。
そのためいちいちスピード写真に行ってプリントアウトをするというのはちょっと効率が悪く、出来上がるまでどんな写真写りになっているかがわからないという問題があります。

そのため就職活動に使用する写真では、きちんとした写真館に行って、プロのカメラマンさんから写り方の指導を受けながら渾身の一枚を撮影してデータを残し、それを一気に複製できるようにするのがよい方法と言えます。

最近では自宅でもかなり高品質の写真が撮影できるようになったことで、自分で証明写真を撮影するという人もいるようです。

ですが証明写真では背景がブルー・白・ライトグレーのいずれかでなくてはならず、ヘアスタイルを含めて頭が切れているてはならず、肩幅がわかるようになっていなければいけないなど細かいルールがあります。

よほどカメラの腕前に自信があり、自宅にキレイに撮影できる設備があるということならよいですが、普段あまりカメラを使用しない人は大人しく写真館に行って撮影してもらった方がよいと言えます。

好印象となる証明写真の撮り方

証明写真においては、歯が見えるほど笑ってはいけないなどのルールがあります。
前髪やヘアスタイルでフェイスラインがわからなくなっていたり、化粧が濃すぎて元の顔がわからないというようなものも基本的にはNGとなります。

就職活動用に使用する場合には、できるだけ自然なままの顔で撮影するようにします。
女性ならばナチュラルメイクにおさえ、男性ならばライトを浴びて顔がテカらないようにウェットティッシュで顔を拭いておくなど工夫をしましょう。

ニッコリ笑う写真はNGですが、軽く口角を上げて微笑むような表情を作るのはOKです。
撮影ではできるだけスーツをきちんと着用し、清潔感が感じられる髪型にまとめておきましょう。

パソコンに詳しい人ならば写真館で撮影したデータを画面上で編集しプリントアウトをすることで、いちいち現像をしなくても自分の写真が添付された履歴書を大量に複製することができます。

履歴書の資格欄の書き方

まずは求人票の必要資格をチェック

履歴書を作成するとき必ず記載することになるのが資格欄です。
資格欄は通常A3用紙の右上部にあり、二つ折りをした時に2枚めのトップ項目となっています。

これはつまり応募者の住所氏名や学歴・職歴の次に大切になるその人独自のスキルを見分けるポイントであり、選考の時にはかなり丁寧に見られることになるのです。

就職を少しでも有利にしようと、学生時代や育休中に複数の資格を取得するという人もいるでしょう。
資格には難易度の高い国家資格から、比較的容易に取得できる民間資格までたくさんの種類があります。

資格欄を全部埋め尽くすほどの資格があると見栄えがいいように思いますが、求人票に必要な条件として書かれている資格が入っていなかったり、業務に全く関係ない資格ばかりが書かれているようではむしろポイントはマイナスとなります。

まずはこれから応募する求人票を丁寧に読み直してみて、必須資格や取得していると有利になる資格がないか詳しくチェックをしていきましょう。

必須とされることが多い資格としては、「普通自動車免許」や「宅地建物取引主任者」「簿記検定」「FP」などといったものがあります。

他にも「英検・TOEIC・TOEFL」「漢字検定」「ITパスポート」「MOS」といったあたりの資格はあると採用に有利になることが多いようです。

なお医師や看護師などの医療系資格や、建築士、弁護士、税理士といった国家資格はそもそも取得していなければ従事をすることができない仕事があるので、忘れずにきちんと記載しておくようにしましょう。

取得年数が古い順から書いていくのがポイント

履歴書の資格欄は「取得年」「月」「資格・免許名」の3つのマスから一行が構成されています。
書式は色々ありますが、だいたい7行くらいになっている事が多いでしょう。

記載をするときには取得をした年数が古い順に書き込むようにし、資格の名称は略称ではなく正式名称で記載します。

例えば自動車免許を記載するときには「普通自動車免許」ではなく「普通自動車第一種運転免許」と書きます。
人気のパソコンスキル資格の「MOS」も正式に「Microsoft Office Specialist」と書くようにしましょう。

取得資格が少なく項目を埋めることができない人の場合、「○月に取得予定」といったように勉強中であることをアピールするために資格欄を使用することもあるようです。

ただしこれは賛否両論あるようで、例えば税理士のように試験が一度ではなく何度かに分けて行われる試験において将来的にいつまでに取得を目指しているかがわかるような場合ならばよいのですが、単なる民間資格を「勉強中」と書いてもあまり意味はないでしょう。