栄養士ってどんな資格?

栄養の管理と指導

栄養士は栄養に関するスペシャリストであり、食事管理と栄養指導を行います。
すでに広く知られている資格であり、国家資格になっており、取得すれば仕事に繋がりやすいです。

食事管理は献立管理であり、学校や病院で、必要な栄養は何かを考えて、それを元に献立を作ります。
ただ単に栄養を満たしていれば良いということではなく、出来上がる食事は美味しいということも重要となり、栄養面と味を考えて献立を作ります。
仕事場所によっては、医師や看護師、または調理師と一緒に献立を考えていくこともあります。
栄養指導はカウンセリングを行い、どのような食事をすべきか、提案して相談にのります。
特に糖尿病などの疾患のある人へのアドバイスを行うことが多く、病院などで仕事をして活躍していきます。

栄養に関する知識を持った人に与えられる資格となるので、食事や栄養関係の職場での仕事があり、求人は沢山あります。
仕事場としては、病院や福祉施設、学校や社員食堂など、食事を作るような場所では、どこでも需要のある資格です。
少ないですが、食品会社などで働く人もいます。
さらには自衛隊の食堂での勤務、給食会社に所属して働く方もいます。
食事は人間に欠かせないものであり、日本全国、首都圏から田舎まで、地方や離島にいたるまで、どこでも需要がある資格です。
栄養士の免許取得者として、有資格者を募集している会社もあります。

試験を受けなくても資格を得られる

栄養士の資格を取得するならば、大学や短大などの栄養士養成課程に行き、卒業すると得られます。
学校を卒業すれば、試験を受けなくても、免許証が交付されます。
4年制大学や短大、専門学校の該当する課程を修了すれば取得できますが、栄養士に関しては夜間や通信制の学校はないので、昼間に通うことになります。

栄養士というと、女性をイメージする方が多いですが、最近は男性で資格取得する方も増えています。
現場で働くとなると、調理することも多く、思い食材や調理器具を扱うので、力と体力のある男性は適した職場であり、重宝されます。
仕事のために資格を取得する方も多いですが、栄養や健康に関する知識を深めたいからと、資格取得する方もいます。

資格取得して仕事をするとなると、どこかに所属して働くというのが一般的となりますが、フリーで働いている栄養士の方もいます。
フリーでは自分で仕事を探していかないとなりませんが、役所や保健所に問い合わせると、仕事が見つかることもあります。
どこかに所属して働くのではなく、料理教室を開催するなどして、働くような方もいます。
資格を取得すれば、多くの場所での需要があり、仕事の仕方も色々であり、自分に最適な職場を探しやすいです。