フードコーディネーターってどんな資格?

食のスペシャリスト

フードコーディネーターは、食に関するスペシャリストであり、食に関しての楽しみ方や環境を提案します。
この資格を使っての仕事の範囲は広く、レシピ作成、料理番組への出演、料理教室開催、または食品関係企業でアドバイザーになることもできます。
ただし、資格に関しては、仕事をする上で必須とはなっておらず、法律などでも明確に仕事内容は定義されていません。

資格を取得して仕事に活かすとなると、自分の食や料理での得意分野を活用し、応用できる仕事をしていきます。
資格取得して仕事をしていくとなると、資格取得者を募集しているところは少ないですが、募集はあるので、そのような会社に応募するという方法があります。
または、フリーランスとして、仕事をしていく道もあります。

会社選びを間違えると、お店での販売スタッフなど、資格がなくても出来るような仕事を任されることもあるので、会社選びが重要です。
フリーでこの仕事をしていくには、会社に雇われているのと違い自分で仕事を探して積極的に請け負わないとならず、人よりも秀でた得意分野や才能がないと、厳しいかもしれません。

資格取得に条件はない

フードコーディネーターの資格は民間資格となっており、年齢や性別などの制限はなく、誰でも取得できます。
もしも資格を得たいならば、フードコーディネーター協会が認定しているので、認定試験を受ければ資格を得ることが可能です。
少しずつ知名度が高まってきており、学校に通いながら、または通信講座を使って取得、さらには会社に勤めながら取得する方もいます。
もしも食品関係の会社で働くとなると、就職前に先に取得しておけば、食品に関する知識を深められます。

また資格を取得しなくても、自称として名乗ることも可能です。
ただ仕事としてフードコーディネーターで働くならば、食品や栄養に関する知識、調理技術、食品ビジネスの知識などが必要となるので、そのような知識や技術を得ないと、自称しても仕事は出来ないでしょう。
知識や技術での基礎として、栄養士や調理師などの食品関係の資格を取得する、または調理関係の専門学校に通っても良いでしょう。
大学や短大であれば、栄養学などの学問が役に立ちます。

少しでも早くフードコーディネーターとして仕事をしていくならば、現在フードコーディネーターとして会社で働き現場で活躍している人の下でアシスタントとして働く道があります。
現場で働くので、技術や知識を直に得ることができ、日々スキルを磨いていけます。
将来的に独立を視野に入れることも可能かもしれませんが、まずは現場で働いている人や、そのような人のいる会社を探さないとならず、探すまでが大変です。