Archives

now browsing by author

 

食学士ってどんな資格?

食の学問をマスターする

国際食学協会が認定する資格であり、学習プログラムを通じて、食学を学びます。
食学とは、食に関する学問全体を意味し、栄養学や民間療法など、学問として確立された分野以外にも、世界中にある民間療法も含んでいます。
栄養士などと違い、民間の資格などの、仕事で必須というものではありません。

しかし食に関して広く学んでいけるので、美容や食に関係する仕事で役立ちます。
エステサロンや、美容スクール、飲食店などの方におすすめです。
メニューを考えるとき、健康的な食事を考えるとき、デトックスに役立てるなどの使い方が出来ます。

資格を取得すれば、食学を広めるための、教室のオーナーとして活躍も可能です。
国際食学協会は食学士の育成にも力を入れており、少人数の教室やカフェで教室を開催する事も出来ます。
わざわざ教室を用意しなくても、サロンやカフェ、自宅で開催も可能です。

いくつか資格には種類がある

食学士の資格を取得するならば、国際食学協会が行っている、学習プログラムを修了しないとなりません。
ただ受講は通信講座で、自宅でも行えるので、どこにいても資格取得は可能です。
ただし食学士にはいくつか種類があり、細かく分かれているので、自分がどのレベルの資格を取得したいか、まずは考えてみましょう。

・A級プログラム

食学士の資格を取得する方は、まずはこのレベルから取得します。
しかし3つのジャンルに分かれており、食学の基本を学ぶ食学A級、食学の基本に加えて、体を整える食事を学ぶ美容食学A級、マクロビオティックの基本を学ぶマクロビオティックA級があります。
受講条件に制限はなく誰でも受講できますが、3つの中からどれか1つを選んで取得していきます。

・準食学士対応プログラム

A級で学んだ内容を、更に深く広く学習していきます。
食学士教室で講師として活躍していきたい人には、講師としてのノウハウも学ぶことが出来ます。
このレベルの資格を取得するには、A級レベルのどれかを取得していないとなりません。

・食学士対応プログラム

食学について、さらに深く広く学んでいきます。
このレベルの資格を取得して、はじめて食学士と言う名前の資格を取得できます。
ただ資格取得には、準食学士の資格を取得していないとなりません。

資格を取得するためには、このようにしてA級から順番にステップアップして取得していきます。
ただしそれぞれのレベルの資格を取得するための、講座受講料は30万円近くと安い値段ではありません。
他の食育に関する資格と違い、安易に簡単に取得できるものではないので、まずは自分にとって役立つか考えてから、取得することになるでしょう。
最終的に認定証を発行され、それをもって資格取得となります。

細胞美食アドバイザー

細胞美容に基づく健康

食育は、食べ物や添加物など、どうしてもその使われている食材を考えることが多く、食事をした人間の体についてはあまり考えられません。
健康な生活を送るためには、食育は大切だと言われますが、食事は美容にも関わってきます。
人の体は、食事をして取り入れた栄養素によって構成されているので、食べ物は健康にも美容にも関わってきます。
そのために、健康も美容も維持するためには、食べ物を考えていかないとなりません。

細胞美容アドバイザーの資格では、細胞レベルのでの美容について考え、学んでいき実践します。
講座を受講して学んでいきますが、その中では体の不調に対する栄養摂取の仕方、細胞美容の基本、ヘルスケアやデトックスについて学びます。
講座は短期集中で2日間開催され、1日目はテキストを使って講習、2日目は実践になり、実際に食事を作っていきます。

美容食のことを学ぶので、仕事で活かしていきたい、内面からの健康維持を考えている人におすすめです。
ヘルスケアやデトックスに付いての他に、栄養摂取の方法についても、テキストで学べます。
2日目は実践料理となり、ハーブティなどの美容食を、3品か4品作っていきます。
2日間の講習を受ければ、資格を得られます。

ただしこの資格は、それほど大きな団体が認定しているのではなく、東京にある料理学校が主催しています。
毎週火曜日と土曜日に講習がありますが、南麻布校でしか開催しておらず、首都圏以外にお住まいの方には、通うと遠いので距離があり、取得は難しいかもしれません。

おすすめの資格

体の内面から健康になるため食育の資格は、他にもあります。

・ナチュラルフード・コーディネーター

無農薬野菜や添加物を使わない食品を使用した、体によい調理法を学べます。
体に優しい食材選び、玄米の炊き方、天然酵母のパン、自家製味噌の作り方など、自然食のことを幅広く学べます。
料理教室やオーガニックフードを扱うような方におすすめの資格です。
お肉の代わりに野菜を使った料理の仕方、保存食や醗酵食についても学べます。
お菓子作りのことも学ぶことができ、砂糖や動物性食品を使わないような、体によいお菓子の作り方も学べます。

・食学調味料アドバイザー

調味料についての正しい知識を学べます。
調味料にはどのような材料が使われているのか、健康によい調味料とは何か、さらには調味料の作り方も学べます。
講座を受講すると試験はなく、修了認定証が発行されて資格取得となります。
講座で使うテキストには、調味料のレシピも掲載されているので、自分で調味料を作ることも可能です。
また市販の調味料に関しても、どのような製品が健康に良いのかも学んでいけます。

食学調味料アドバイザーってどんな資格?

調味料の正しい知識を学ぶ

毎日肉や魚、野菜などを調理して食事を作るときに、調味料は欠かせません。
使う食材にこだわる人は多いですが、調味料に関しては、それほどこだわりなく使う人も多いです。
料理でも特に和食は醤油や味噌などの調味料が味の決めてとなり、正しい知識を学べば、料理が変わってきます。

資格取得すると、調味料の正しい知識を得て、家庭での料理にも役立てることで、オリジナルの調味料も作れるようになります。
良質な調味料は値段が高いですが、高いなりにはその理由があります。
そのような理由を知っていき、添加物を出来るだけ避けた、健康に良い調味料とは何かを知ることも出来ます。

お店で調味料を購入するときも、学んだ知識を元に、本物の良質な調味料を選ぶことが出来ます。
選ぶ基準が値段から、自分や家族への健康を意識して選べるようになります。
可能であれば、料理に使う必要な調味料は、自分で作ることもできます。
良質の調味料は、保存が長くでき、使用量も少なくできるので、家計にも優しいです。

正しい調味料の知識を得れば、同じ調味料でも値段が違い、何が違うのかも分かってきます。
違いが分かるので、よりリーズナブルで健康によい良質な調味料を選ぶことも出来るようになるのです。
一見すると、醤油でも味噌でも違いがないように思えますが、使う材料や製造方法などによって、味や品質に大きく差が出てくるのです。
特に健康に良い調味料は、どのようなもので、何を基準にして選べばよいか、知りたい人におすすめです。

小さい子供や高齢者のいるような家庭でも、正しい調味料を使えるようになるので、そのような家庭でも役立ちます。

講座での学び方

資格を取得するならば、食学調味料講座を受講し、レポートを提出すると、最後に修了証を発行され、資格取得となります。
講座ではテキストが1冊と、6回分のレポート提出、修了レポート提出があります。
テキストには、醤油や塩など調味料5種類の役割や選び方が掲載されており、調味料1種類に付き1ヶ月ごとに1つずつ学んでいきます。
テキストには、調味料のレシピも掲載されているので、日々実践して作っていくことも可能です。

講座の期間は6ヶ月となり、最後に修了レポートを提出します。
6ヶ月間とはなっていますが、足りない方には、無料で期間延期も可能となっています。
通信講座となっているので、自宅にいながら受講でき、レポートも郵送で提出出来ます。
テキストで学んだことを、最終的にレポートにして提出します。
テキストは、理論を元に考えて、調べて回答するという形になっており、テキストを使うだけで自然と知識が身につくように出来ています。
試験はないので、テキストで学び、レポートを提出するだけで、資格を得られます。