飲食系の資格

now browsing by category

 

食学調味料アドバイザーってどんな資格?

調味料の正しい知識を学ぶ

毎日肉や魚、野菜などを調理して食事を作るときに、調味料は欠かせません。
使う食材にこだわる人は多いですが、調味料に関しては、それほどこだわりなく使う人も多いです。
料理でも特に和食は醤油や味噌などの調味料が味の決めてとなり、正しい知識を学べば、料理が変わってきます。

資格取得すると、調味料の正しい知識を得て、家庭での料理にも役立てることで、オリジナルの調味料も作れるようになります。
良質な調味料は値段が高いですが、高いなりにはその理由があります。
そのような理由を知っていき、添加物を出来るだけ避けた、健康に良い調味料とは何かを知ることも出来ます。

お店で調味料を購入するときも、学んだ知識を元に、本物の良質な調味料を選ぶことが出来ます。
選ぶ基準が値段から、自分や家族への健康を意識して選べるようになります。
可能であれば、料理に使う必要な調味料は、自分で作ることもできます。
良質の調味料は、保存が長くでき、使用量も少なくできるので、家計にも優しいです。

正しい調味料の知識を得れば、同じ調味料でも値段が違い、何が違うのかも分かってきます。
違いが分かるので、よりリーズナブルで健康によい良質な調味料を選ぶことも出来るようになるのです。
一見すると、醤油でも味噌でも違いがないように思えますが、使う材料や製造方法などによって、味や品質に大きく差が出てくるのです。
特に健康に良い調味料は、どのようなもので、何を基準にして選べばよいか、知りたい人におすすめです。

小さい子供や高齢者のいるような家庭でも、正しい調味料を使えるようになるので、そのような家庭でも役立ちます。

講座での学び方

資格を取得するならば、食学調味料講座を受講し、レポートを提出すると、最後に修了証を発行され、資格取得となります。
講座ではテキストが1冊と、6回分のレポート提出、修了レポート提出があります。
テキストには、醤油や塩など調味料5種類の役割や選び方が掲載されており、調味料1種類に付き1ヶ月ごとに1つずつ学んでいきます。
テキストには、調味料のレシピも掲載されているので、日々実践して作っていくことも可能です。

講座の期間は6ヶ月となり、最後に修了レポートを提出します。
6ヶ月間とはなっていますが、足りない方には、無料で期間延期も可能となっています。
通信講座となっているので、自宅にいながら受講でき、レポートも郵送で提出出来ます。
テキストで学んだことを、最終的にレポートにして提出します。
テキストは、理論を元に考えて、調べて回答するという形になっており、テキストを使うだけで自然と知識が身につくように出来ています。
試験はないので、テキストで学び、レポートを提出するだけで、資格を得られます。

介護食アドバイザーってどんな資格?

介護食を知る

介護食というと、細かくした食品や、煮て柔らかくした食品などを思い浮かべるのではないでしょうか?
流動食のような、ほとんど料理と言えないような食品もありますが、理想は家族の方と同じ食事をすることです。

この理想を実現するために、誰にでも食べやすい料理を、介護職アドバイザーとして学んでいきます。
いつもの食事を食べやすく工夫することで、特別だと思われている介護食を、家族の人と近い料理に出来ます。
もちろん介護をしている家族の方にも、また介護関係の仕事をしている人にも、役立つ資格です。

栄養学などの基本から、口腔ケア、献立作りまで、介護職のみならず、介護の面も学べます。
介護職を作る上では、食材アレンジを学び、必要な知識を幅広く応用するところまで学んでいきます。

養成講座

資格を取得するときは、養成講座を受講し、最後に認定試験を受けて合格すると、認定証が発行されて、資格取得となります。
ステップごとに順次受講して学んでいくことができ、献立作りや調理するときの注意点、具体的な知識が学べます。
介護のノウハウから、普通食を介護食にするための方法を学びます。

通信講座で学べるので、在宅で資格取得が可能です。
実践セミナーもあり、テキストだけではわからないようなことを、セミナーで聞いて、実践して具体的に学べます。
そしてサブテキストには、60種類上の、介護食のレシピが掲載されており、介護食を作るときに役立ちます。
レシピでは普通食を、介護が必要な方に作るときには、どのようにアレンジすれば良いかも掲載されています。

資格取得にあたって

介護食アドバイザーの資格は、介護が必要な家族のいる人、ヘルパーなどの仕事をしている人、介護職についてスキルアップを目指している人、介護ビジネスをしている人、さらには料理教室などを開催している人におすすめです。

介護が必要でなくても、高齢者のいるような家庭であれば、取得しておいて損はないです。
高齢になると、どうしても噛む力や飲み込む力が弱ってくるので、普通食だと噛みにくい飲み込みにくいということがあります。
そこで、介護食を作ってあげれば、食べやすくなります。
普通食であれば、喉に詰まらせるなど危険もあるので、より食べやすい料理が求められます。

養成講座を受講すれば資格を取得できますが、受講資格に制限はなく誰でも受講可能です。
介護食を作るときは何がよいのか、相手は美味しいと思って食べてくれているのかなどのこともわかり、相手も満足して食事をしてくれます。
養成講座で配布されるレシピ集には、10分程度で作れるような献立も多く掲載されているので、忙しい方にも時間を取らずに、介護食を作れます。
しかもレシピを見て実践するだけで、美味しい介護食が出来上がります。

食育スペシャリストってどんな資格?

メニュープランの力を身につける

食育スペシャリストは、メニュープランの力を身につけるための資格となっており、より就職で役立つような内容になっています。
最初はメニュープランについてと企画について、さらに飲食店でのプロデュースやコンサルタントなどと、飲食関係の会社で働く人に役立つ、実践的な内容となっています。

カリキュラムを通じて知識を学んでいき、メタボと食育、子供や大人の食育、食事のバランス、食育情報やプレゼンテーションなどの事を学びます。
食育の中でも、企業で働く人をターゲットとした資格は少なく、そのような資格の1つです。
カリキュラムで知識を学んでいけば、アンチエイジングや集中力に役立つメニュー企画、食の問題を学ぶなどできます。
また企業で働く以外の人でも、食の知識を、楽しくバランス良く、楽しんで学んでいきたい人にもおすすめです。

メニュープランの知識をメインとして学んでいくために、メニュー開発などを行うような人に向いている資格です。
またメニュー開発のみならず、マーケティングや食の健康の知識も身につくために、病院で食生活指導を行うような人にも役立ちます。
その他にも、料理教室、保育園、幼稚園、食品メーカー、飲食店などで働くような人にも役立つでしょう。

この資格はメニュー開発に関する知識を深められるので、食育者として活躍するには、他の関連する資格も取得すると、さらに活躍の幅が広がります。
食育関係の資格は多く、取得しやすいので、時間があれば取得すると良いでしょう。

講座を受けると取得できる

食育スペシャリストの資格は、講座で取得できます。
認定団体が主催する講座を受けると、最短3日で取得が可能となっており、効率良く食育に関する知識を学べます。
担当の講師は、食育現場での経験が豊富であり、より現場に近い知識や技術を身につけられます。
ただ実際にスクールに通って講座を受講しないとなりません。

講座の内容は、7教程に別れており、最後には認定試験があります。
最初には、野菜や魚など、食材別の食育に関する知識を学び、後半は大人や子供、メニュー企画など実践的な知識を学びます。
ただスクールは全国にそれほどないので、都道府県でも開校していない場所もあり、近くになければ、時間をかけて3日間通うことになります。

受講料は若干高くなっており、入学金も必要です。
最短で3日で取得できますが、時間をかけて講座を受ける場合は、最長で2ヶ月で資格取得できます。
受講条件に制限はないので、誰でも取得したいと思う方は、講座を受けて資格取得できます。
資料請求もできるので、まずはどのような内容か知りたい方は、資料を取り寄せると良いでしょう。