子育てしながら働きたい人に

働く環境

女性の社会進出がはじまり、昔に比べると少しずつ女性が働きやすくなってはいますが、それでも女性が働きやすい環境であるかどうかというのは、その会社などの制度や雰囲気、風潮などによってまだまだ左右されるものであったりします。
子育てをしながら働くというのは、そのような社会的なことも含め、会社のこと、家のこと、男性からの理解について、考えると大変なことがたくさんあります。
今の若い人は、自分のパートナーが働くということについて、理解を示してくれる人が多くなっているかもしれません。

しかし、働くのを理解することと、家事を手伝ってくれることがイコールとならない人も多く、女性に負担がかかることも多いでしょう。
とくに、子育てというのは女性が主体になることが多いことですし、母親の存在はとても大きなものですので、子どもにとって必要で代わりがない人である以上、代われないこともたくさん出てくるのではないでしょうか。

元々、働いていた会社が理解ある会社で、育児休暇を取って元の職場に戻るというケースであれば、結婚し、出産をしても働きやすい環境があるかもしれません。
しかし、やはり結婚し、出産して家庭に入った後に再就職をしようとした場合、就職のハードルが上がってしまい、育児なども考えると最適な仕事を見つけるというのは難しいといえます。
子どもを主体に考えると、やはりある程度、時間の融通の利く仕事を探すことになりますし、子どもをどこかに預けて働く以上、まとまった収入を得たいと考えるのが一般的です。

しかしそのようなことを考えているとなかなか仕事が見つからない……、そんな悩みを抱えている人も多いことでしょう。

だからこそ、子育てをしている合間に、がんばって時間を作って資格の勉強をすることは大切なのです。
時間の融通が利き、かつまとまった収入が欲しいのであれば、何かスキルを持っていなければ難しいでしょう。
若い労働力すら、就職に手間取る時代に、そんなお気楽な仕事はないのです。
自分の価値を高めるためにも、時間をやりくりして勉強することはとても大切なことなのです。

就職先がみつかりやすい資格

しかし、だからといっていきなり難易度の高い資格取得を目指してがんばれと言われても困りますよね。
子育てしながら資格をとって、さらに就職先がみつかりやすい資格を目指すことが大切になります。

そんな人にオススメしたいのは、調剤薬局事務の資格と医療事務の資格です。
就職先も堅実でたくさんあるのが魅力ですし、資格が必要なだけに誰でも就職できるわけではないので、資格取得を目指し、働きやすい環境作りをすることからはじめてみましょう。