食生活アドバイザーってどんな資格?

食生活の知識を深められる

食生活全般に対しての深い知識を持ったスペシャリストであり、相談やアドバイスなどをしていき、食生活改善を行っていきます。
民間の資格となっており、仕事をする上で必須の職場はないですが、食品メーカーや飲食店、教育現場、医療現場などと、活躍の場は幅広くあります。
ちなみにこの資格では、2級と3級があり、なぜか1級はありません。
企業によっては、2級を取得すると、資格手当の付くところもあります。

資格を取得すれば、消費者から見た食の知識、提供する側から見た食の知識が身につき、幅広い知識を得られます。
仕事でも活かすことはもちろん可能ですが、実生活でも活かせる知識が多いです。

特に食品を扱うような会社で働く人に役立つ資格であり、食品や栄養に関する知識が身につくので、そのような説明を行う場面で役立ちます。
食材に関する知識も身につくので、飲食店などでは、献立を考えたり、新しいメニューを作るようなときに役立ちます。
食生活の知識がメインとなるので、栄養士などの方が取得すれば、栄養面と食生活面という両面の知識が身につきます。

食育の知識も身につくので、子供を相手にする仕事をしている方は、食育として知識を活用できます。
または、介護や医療関係の仕事であれば、お年寄りや障害者に対して、食事の栄養面でのサポートや、食生活でのサポートを行えます。
日常生活でも、仕事でも、どちらでも役立つような知識を得られる資格です。

独学でも取得できる

食生活アドバイザーの資格を取得するならば、認定団体が開催する試験があるので、受験して合格すると資格取得となります。
試験はおよそ3ヶ月に1回ぐらいの割合で行われており、試験日の1ヶ月前ぐらいまで願書を受け付けています。
試験に合格さえすれば資格を得られ、受験資格に制限はないので、誰でも受けることが出来ます。
試験会場は全国10カ所ぐらいであり、近くに試験会場の無い方は、出向く必要があります。
2級と3級は、その日に同時に試験を行い、時間をずらして行います。
試験後は、1ヶ月程度すると、合格者には認定証となるカードの合格証が送られてきます。

試験合格を目指すならば、独学でも十分に可能であり、または通信講座などを受けても良いでしょう。
独学で学ぶ場合は、食生活アドバイザーのテキストが販売されているので、それを使って勉強すれば良いです。
通信講座を受けるなら、いくつかあるので、その中で自分に合っていそうな通信講座を受けると良いです。
試験は60点以上取得で合格であり、独学でも十分に合格レベルまで達することができますが、確実に合格を目指すならば通信講座で学ぶのが良いでしょう。
通信講座だと添削サービスなどがあるので、自分の勉強レベルを把握しやすいです。