食学調味料アドバイザーってどんな資格?

調味料の正しい知識を学ぶ

毎日肉や魚、野菜などを調理して食事を作るときに、調味料は欠かせません。
使う食材にこだわる人は多いですが、調味料に関しては、それほどこだわりなく使う人も多いです。
料理でも特に和食は醤油や味噌などの調味料が味の決めてとなり、正しい知識を学べば、料理が変わってきます。

資格取得すると、調味料の正しい知識を得て、家庭での料理にも役立てることで、オリジナルの調味料も作れるようになります。
良質な調味料は値段が高いですが、高いなりにはその理由があります。
そのような理由を知っていき、添加物を出来るだけ避けた、健康に良い調味料とは何かを知ることも出来ます。

お店で調味料を購入するときも、学んだ知識を元に、本物の良質な調味料を選ぶことが出来ます。
選ぶ基準が値段から、自分や家族への健康を意識して選べるようになります。
可能であれば、料理に使う必要な調味料は、自分で作ることもできます。
良質の調味料は、保存が長くでき、使用量も少なくできるので、家計にも優しいです。

正しい調味料の知識を得れば、同じ調味料でも値段が違い、何が違うのかも分かってきます。
違いが分かるので、よりリーズナブルで健康によい良質な調味料を選ぶことも出来るようになるのです。
一見すると、醤油でも味噌でも違いがないように思えますが、使う材料や製造方法などによって、味や品質に大きく差が出てくるのです。
特に健康に良い調味料は、どのようなもので、何を基準にして選べばよいか、知りたい人におすすめです。

小さい子供や高齢者のいるような家庭でも、正しい調味料を使えるようになるので、そのような家庭でも役立ちます。

講座での学び方

資格を取得するならば、食学調味料講座を受講し、レポートを提出すると、最後に修了証を発行され、資格取得となります。
講座ではテキストが1冊と、6回分のレポート提出、修了レポート提出があります。
テキストには、醤油や塩など調味料5種類の役割や選び方が掲載されており、調味料1種類に付き1ヶ月ごとに1つずつ学んでいきます。
テキストには、調味料のレシピも掲載されているので、日々実践して作っていくことも可能です。

講座の期間は6ヶ月となり、最後に修了レポートを提出します。
6ヶ月間とはなっていますが、足りない方には、無料で期間延期も可能となっています。
通信講座となっているので、自宅にいながら受講でき、レポートも郵送で提出出来ます。
テキストで学んだことを、最終的にレポートにして提出します。
テキストは、理論を元に考えて、調べて回答するという形になっており、テキストを使うだけで自然と知識が身につくように出来ています。
試験はないので、テキストで学び、レポートを提出するだけで、資格を得られます。