食育スペシャリストってどんな資格?

メニュープランの力を身につける

食育スペシャリストは、メニュープランの力を身につけるための資格となっており、より就職で役立つような内容になっています。
最初はメニュープランについてと企画について、さらに飲食店でのプロデュースやコンサルタントなどと、飲食関係の会社で働く人に役立つ、実践的な内容となっています。

カリキュラムを通じて知識を学んでいき、メタボと食育、子供や大人の食育、食事のバランス、食育情報やプレゼンテーションなどの事を学びます。
食育の中でも、企業で働く人をターゲットとした資格は少なく、そのような資格の1つです。
カリキュラムで知識を学んでいけば、アンチエイジングや集中力に役立つメニュー企画、食の問題を学ぶなどできます。
また企業で働く以外の人でも、食の知識を、楽しくバランス良く、楽しんで学んでいきたい人にもおすすめです。

メニュープランの知識をメインとして学んでいくために、メニュー開発などを行うような人に向いている資格です。
またメニュー開発のみならず、マーケティングや食の健康の知識も身につくために、病院で食生活指導を行うような人にも役立ちます。
その他にも、料理教室、保育園、幼稚園、食品メーカー、飲食店などで働くような人にも役立つでしょう。

この資格はメニュー開発に関する知識を深められるので、食育者として活躍するには、他の関連する資格も取得すると、さらに活躍の幅が広がります。
食育関係の資格は多く、取得しやすいので、時間があれば取得すると良いでしょう。

講座を受けると取得できる

食育スペシャリストの資格は、講座で取得できます。
認定団体が主催する講座を受けると、最短3日で取得が可能となっており、効率良く食育に関する知識を学べます。
担当の講師は、食育現場での経験が豊富であり、より現場に近い知識や技術を身につけられます。
ただ実際にスクールに通って講座を受講しないとなりません。

講座の内容は、7教程に別れており、最後には認定試験があります。
最初には、野菜や魚など、食材別の食育に関する知識を学び、後半は大人や子供、メニュー企画など実践的な知識を学びます。
ただスクールは全国にそれほどないので、都道府県でも開校していない場所もあり、近くになければ、時間をかけて3日間通うことになります。

受講料は若干高くなっており、入学金も必要です。
最短で3日で取得できますが、時間をかけて講座を受ける場合は、最長で2ヶ月で資格取得できます。
受講条件に制限はないので、誰でも取得したいと思う方は、講座を受けて資格取得できます。
資料請求もできるので、まずはどのような内容か知りたい方は、資料を取り寄せると良いでしょう。