幼児食アドバイザーってどんな資格?

幼児食の基本を学べる

民間資格であり、養成講座を通して、幼児食の基本を学び実践できます。
幼児食とは、以下のポイントを抑えた食事になります。

・子供に必要な栄養を含み、子供でもかみ切れる食材や調理になっている
・子供の味覚を麻痺させず、素材の味を活かしている
・子供が噛む習慣をつけやすいメニューである

幼児の噛む力はそれほど強くはなく、また飲み込む力も弱く、かみ切れるような食材や、柔らかく調理していることが重要です。
良く噛ませようと、過見応えのある食品ばかりであると、子供が飽きてしまいます。
子供が噛む習慣を付けるメニューとなると、微妙なさじ加減で調節しないとなりません。

コンビニやファーストフードなど、食品の発展はめざましいものですが、幼児食となると、まだまだ親が作るようなことが多く、ノウハウを得にくいのが現状です。
子育て世代の親や、育児に関わる人に、役立つような資格なのです。

また資格を、幼稚園や保育園などで働く人が役立てることもでき、栄養士や飲食業界の人などにも役立ちます。
この資格を取得して、幼児食教室を開くような方もいます。

直接的に役立つ方は、やはり子育てをしているような人でしょう。
幼児食となると、大人と同じ食事を与えるわけにはいかず、幼児の味覚や力に合わせた調理をしないとなりません。
味付けにしても濃すぎると良くなく、逆に薄すぎても良くありません。
肉などであれば、細かく切って、食べやすいようにして、煮て柔らかくした方が良いです。
幼児食のことを知らないと、栄養が偏った料理ばかりとなることもあり、子供の段階で肥満にさせるおそれもあります。

養成講座で取得できる

幼児食アドバイザーは、認定団体が主催する養成講座を受けると、取得できます。
幼児食の基本はもちろんのこと、幼児の体について、発育に必要な栄養のことも学べます。
さらには、最近は子供の頃からアレルギーが問題となっており、アレルギーについても学べます。
養成講座は基本は6ヶ月で修了となり、6回それぞれで課題を提出し、合格すると、資格を得られます。

1ヶ月ごとにテキスト送られてきて、メインとサブテキストがあります。
講座内容は料理家の人の監修の元で作られているので、その内容はわかりやすく、学びやすいです。

昔は幼児食というと、祖父母から学ぶなど自然と身についていきましたが、現在は核家族化が進んでおり、学ばないとわからなくなってきています。
市販のお茶を飲ませる、生ものを食べさせるなど、非常識な食事を与える親もおり、幼児食アドバイザーの資格が誕生しました。
実際にテキストで学ぶと、その内容はとてもわかりやすくなっているので、母親などの方でもスムーズに学んでいけます。