CGクリエイター検定

近年ではインターネットに携わる仕事をしていく上で様々なデザイナーが求められています。
その中でも二次元CGをはじめ、アニメーションに携わるデザインなどはとても必要とされていますので、CGクリエイター検定を受けると良いでしょう。
こちらの資格に関してはベーシックからエキスパートに分かれており、特に受験資格などは定められていません。

主にはデザインを手がける仕事どうなっているため当然ながらデザインについての基礎知識を学ぶことになりますが、私的財産においても詳しい知識を持っている必要があります。

資格取得後の就職先はたくさんある

単純にインターネットといっても非常に様々なホームページをはじめ、会社アピールをするような場所がどんどん増えています。
その中で他社とは違った方面から自社アピールなどをしていく上で専門的な技術と知識を持つこの資格の所持者はとても必要とされています。
特にエキスパートに関してはネット上での編集だけではなく、写真撮影について知識なども持っている必要があり、この他にも映像の編集知識や技術を持つことになるため活躍できる場所が無限にあると言っても過言ではありません。

また、前述の通り、知的財産権についても十分な知識を学ぶため、ネット上でのトラブルに巻き込まれてしまうこともないでしょう。
非常に多くの企業では自社アピールのためのホームページなどを作成する際にわからない事もたくさんありますので、専門的な知識を持つこちらの資格の取得者を求める傾向にあります。
合格基準はどちらも100点満点中70%、70点以上になっており、受験料はベーシックとエキスパートで違いがあります。

勉強方法は独学をはじめ通信教育などもある

勉強方法についてベーシックであれば独学でも十分に合格することができますが、エキスパートに関しては独学ではやや難しい傾向にあります。
試験会場そのものが全国にありますので、お近くの会場を見つけると良いでしょう。
勉強方法についてエキスパートの場合には、専門的な通信教育やスクールがあるので活用した方が良いと言います。

特にモデリングに関してやマテリアルに関しては独学だけでは難しいので、スピーディに専門的な知識と技術を学ぶためベストな方法を選びましょう。
また、専門的なスクールなどもありますので、こうしたスクールに入校し積極的に勉強していくのも良い方法と言えます。

写真撮影を始めとして、動画や画像の編集やモデリングその他にもアニメーション作成なども行っていきますので、仕事は非常に楽しく充実したものとなっています。
自身のスキルそのものが正直に反映していく仕事ですのでスキルアップを目指しながら様々なテクニックを身につけるにも最低限必要な資格といえます。