情報検定(J検)

情報検定はIT企業において非常に知名度の高い資格となっており、一級から3級までとなっています。
またそれぞれの級を受験する際には三つのジャンルに分かれている試験となります。
情報活用試験と情報システム試験と情報デザイン試験に分かれていて、それぞれで合格点数なども違っています。

情報活用試験と情報システム試験に関してはどの級も100点満点中65点以上が合格となっており、情報デザイン試験は100点満点中60点以上で合格となっています。
また情報システム試験において合格した場合には次の試験で申請をすることによって、いくつかの科目が免除される仕組みとなっています。

どのように受験するのか

受験するためには、試験会場、もしくはCBT方式での試験かを選ぶことができます。
CBTであれば随時受験することが可能になっているため、ライフスタイルに合わせながら合格を目指すことができます。
受験料に関してはそれぞれで違いがありますので、しっかりと調べてから受験しましょう。

合格後の就職について

どの級を受験するのかによっても、その後の就職に違いがありますが、基本的には上級資格を持っていなければ就職には有利にならないと思っていた方が良いでしょう。
そのため順番に試験を受けて全ての級で合格する必要が出てきます。
大学や高校への入学などで優遇されると言う学校もありますが、就職に関してはやはり全ての取得をしておいた方が良いです。

実際に就職するためには、他の情報処理関係の資格を所持していた方が良いと言います。
専門的な知識そして技術になってくるので、ある程度IT業界においての基本知識や技術を持っていることも必要とされます。
受験資格などは特にありませんので、独学でも受験をすることができますが、どのようなテキストや問題集を選ぶのかによって効率が大きく変わってくるようです。

過去問題などを徹底的に復習するのはもちろん、テキストについても複数を活用すると良いでしょう。
またCBT方式であれば、インターネットで随時試験を受けることができるので、例え不合格になってしまっても、再びすぐにチャレンジすることが可能です。
複数のジャンル、そして級がありますのでまずは難易度の低いものからチャレンジし、徐々に難易度の高いものにシフトしていきましょう。

情報デザインについてを特に必要とする会社などが多いので、就職に役立てるのであればこちらの三級取得を目指すとよさそうです。
収入についてはそれぞれの会社によって違いがありますが、資格を持っていることに対しての手当てや専門的な仕事をするだけの手当てにも期待が持てそうです。
経験を積めば積むほどに自分にも自信が持てるようになり、依頼される仕事内容なども増えていくでしょう。