マイクロソフト認定資格プログラム (MCP)

非常に多くの企業をはじめとしてIT業界ではマイクロソフト社の製品を扱うことはたくさんあります。
そんな中、マイクロソフト社の製品に関しての様々な知識を持っておくことにより、就職には有利になります。
ここで役立つ資格はマイクロソフト認定資格プログラムというものになり、特に受験資格などはなくCBT方式での受験ができるものとなっています。

Windowsをはじめとして、Windowsに関係するサーバーについての技術的な知識などを学ぶことができる資格となっており、初級とスタンダード、エキスパートに分かれています。
こちらの資格があれば就職後にパソコン上でのトラブルがあってもすぐに対処することができますので、どの企業でもこの資格の取得者を求めています。

試験は二回までいつでも受験可能

前述した通りこちらの試験に関してはCBT方式となっていますのでインターネット環境があれば誰でもそしていつでも受験することができます。
正解率は70%以上で合格となっており、何度でもチャレンジすることができます。
しかし、2回目までは1回目が不合格の際にはすぐに受験することができますが、2回目も不合格になってしまうと3回目以降は14日間の間を空けないと受験することができません。

効果的な勉強方法について

特に受験資格等が定められていませんので勉強方法についても独学となりますが、専門的なテキストをはじめとして問題集などを積極的にこなしていくと良いでしょう。
また、このような勉強で不安な場合には、オフィシャルトレーニングセンターがありますのでこちらで勉強するのも良い方法と言えます。

非常に多くの企業が求めている資格となりますのでIT関係の職場で活躍していきたいのであれば取得しておいて損はありません。
特にサーバ管理などを行っていく上で必要な資格となりますので、IT関係でのプロフェッショナルスキルと言っても過言ではないでしょう。

就職後の収入について

資格を取得した後どれだけの収入が得られるのかは職場によって大きな違いがあります。
しかし、こちらの資格だけで就職するのではなく、他にもIT関係の資格を所持していることによって大きな収入アップが見込めるでしょう。
専門的な職場であれば、こちらの資格だけでも就職を目指すことができます。

また実務経験を積めば積むほどに自分自身のスキルアップにつながりますので転職を考える際にも有効活用できる資格といえます。
近年では通信教育なども出てきているようですので、自宅にて独学で勉強したいと思う人でもしっかり学ぶことができるようになりました。
今よりもさらに今後はIT社会となっていくことが注目されているため、こうした資格を早く取得すればするほど就職にも有利になってくれるでしょう。