ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストと言う資格は名前の通り、ネットワークに関係する管理や補修など運用などについて専門的な知識そして技術を用いたものとなります。
近年では非常に多くの会社がインターネット環境を活用しながら仕事をしていく中で、徹底的な管理をしていくのは非常に重要です。

システム基盤において専門的な知識を持っていることによりネットワーク環境を安定させることができるので、多くの企業が求める資格とも言えるでしょう。
受験資格には制限がありませんが、独学での合格は少し難しいと言えます。
実務経験などがあれば、ある程度の知識は持っていますが、それでも専門的な細かな部分についてはしっかりと勉強しなければなりません。

細かな試験内容など

試験は午前午後でそれぞれ1と2に分かれています。
テクノロジー関係のアルゴリズムやプログラミング通信に関しては理論などをはじめとして、コンピュータシステムの入力デバイスやファイルシステム等も出題されます。
また技術面ではヒューマンインタフェース技術や通信プロトコル、情報セキュリティ管理などを学んでいないと合格は難しいと言えます。

また、この他にもプロジェクトについてやマネジメントやリスクマネジメントまた、調達マネージメントなどもして出題されます。
このほかに伝えて時期をはじめとして午後の問題では、技術についての問題が出題されますので自信を持って受験に臨めるようにしましょう。
午前1試験では50分の4択問題が30万となっており、午前試験の2では40分の中で4択問題が25問出題されます。

どちらも100点満点中の60%以上が合格基準となっています。
午後の試験では90分の記述式問題が3問出題され、午後の2では120分の記述式問題が2問出題されます。
こちらは100点満点中の60点以上で合格基準となっています。

就職先はどんな会社があるのか

資格を取得した後の就職においてはパッケージ製品などの機能調査を始めとして、システム調達面における設定等を行う会社で重宝します。
やはり専門的な知識、そして技術を持つ資格となりますので就職後の収入については他のIT関係の資格取得者よりも少々高いといえるでしょう。
デザイン構築などに関しては専門的な技術がなければ行うのがの難しく、この資格を持っていると会社でも優遇されることがほとんどです。

勉強をしていく中で、通信制のスクールなどもたくさんありますが、それ以外には専用のソフトも販売されていますので、こうしたものを活用すると良いでしょう。
また、問題集などを書店で購入した上で様々な問題に慣れておくのも重要なポイントです。
参考書を読んでいるだけでは合格率も低くなってしまいますから、積極的に専門スクールやソフトを活用しながら知識を身につけましょう。