Webデザイン技能検定

インターネット上には非常に様々なホームページなどがありますが、こうしたホームページには自由に作れるものと、国際標準規格に基づいているものがあります。
特に企業が使用するホームページというのは国際標準規格を守っている必要があり、ここで専門的な知識と技術を持った人材が求められます。
Webデザイン技能検定はホームページ制作において専門的な知識と技術を持つため今現在はもちろん、今後のニーズも非常に高い資格といえます。

1から3級までに分かれており、難易度は3件が最も低く、1級は比較的難しいと言われています。
就職に活用させたいと思っているのであれば最低でも2級以上は取得しておいた方が良いでしょう。
2級以上の資格を持っていれば、入試などにも役立つ場合があります。

実際の実務はとても楽しいことばかり

上記した通りこちらの資格はホームページを制作していくといった資格になりますので、業務上で楽しいと思えることがたくさんあります。
企業のホームページを制作するのはもちろん、その他にも更新をはじめとして、モバイルコンテンツの企画や提案なども行っていきます。

自分自身が提案した企画そのものが実際のコンテンツとしてインターネット上に普及することになるため、やりがいも十分に感じられる仕事といえるでしょう。
新しい発想などを生かしながら他とは違ったコンテンツ作成をすると、さらに社内での評価などもアップしていきます。

受験資格等について

受験資格はそれぞれの級によって違いがあります。
まず3級の受験資格については実際にWeb制作などに従事しているものや、これから従事しようと思っている人になります。
そのため訓練などを行うことや、Web制作、そして国に関して他の資格を持っている場合には受験資格を持つことになります。

2級の受験資格が2人以上の実務経験があることや職業高校をはじめとして各種高校卒業しているもの、また3級の技能検定に合格したものとなっています。
学科と実技試験に分かれていますが、一級の実技に関しては学科試験も合格しなければ受けることができません。
学科試験は7年以上の実務経験を持っているものから高校卒業しているもの2級の技能検定も合格し、その後2年以上の実務経験を持っているものとなっています。

試験内容が池で90分の学科実技は180分、そして実技は60分となっています。
2級は60分の学科と120分の実技、3級に関しては45分の学科と60分の実技になります。
それ全て100点満点中70点以上が合格基準となっています。

それぞれに願書の申し込み期間等が決まっているのでしっかり確認しましょう。
また受験料についてもそれぞれの級で違っています。
合格率アップさせるためには、専門的な通信教育などを受けたりスクールに通うのが良いでしょう。