ホテル業界で必要とされるものランキング

宿泊以外のサービスも充実

ホテル業界で働く女性も増えています。
ホテルというと「宿泊施設」を連想しますが、それ以外にもたくさんのサービスを提供していることでも知られているでしょう。
たとえば、ホテルにはエステサロンやネイルサロンがある場合もあります。

他にも、レストランやカフェなどたくさんの施設があり、だからこそ色々なものを目的としたお客さんが訪れます。
そんなホテル業界では、必要とされるスキルも特別。
それだけに、ホテル業界で働く人が学んでいるものも特別です。

ホテル業界で働く人が学んでいること

ここで、ホテルで働く人が学んでいるものランキングを見ていきましょう!

まず、第1位は日常英会話。
ホテルに訪れるのは日本人だけとは限りません。
海外のお客さんを迎える機会も多いので、そんな時に便利な「日常英会話を学びたい」という人が多いのでしょう。
ちなみに、日本のホテルのおもてなしは、海外で高い評価を得ていることをご存知ですか?
>>>世界ベストホテルランキング2011
アジアのランキングだと、10位以内の3つが日本のホテル、全世界でも1つがランク入りを果たしています。
日本がこの様なランキングを出すことができているのは、やはり英会話を含めたサービスが高く評価されているからではないでしょうか。
ランキング1位が「日常英会話」ということは非常に興味深いですよね。
この様な、学びの結果があってこそ、日本のホテルの格式は守られているのでしょう。

第2位はエクセル・ワード。
パソコンの資格というと「事務仕事」を連想する人が多いと思います。
しかし、ホテルでもエクセルやワードはとにかくよく使うもの。
特に、エクセルはお部屋の予約管理をするのに必要ですので、学びたいと考える人が多いのだそう。
パソコンスキルが求められるのは、どの職種でも同じなのかもしれませんね。

そして、同じく第2位なのが中国語。
中国人観光客が増加しているという事情からでしょうか、中国語を学びたいという人が増加している様ですね。
世界共通語である英会話が1位なのは納得ですが、今は中国語の必要性も高まっているというところに、時代の流れを感じます。
中国語は非常に発音が独特なので、そのあたりを含めてしっかりと学習したいという人が多いのでしょう。

そして、第4位が韓国語。
日本企業と韓国企業は、あらゆる場所で一緒に仕事をすることが増えています。
この為、来日する韓国企業重役も増加しており、ホテルを使う人も増えていることが、この結果につながっているのでしょう。
中国と韓国は、日本にとって重要な貿易相手ですので、交流も増えています。

この様に、実際にホテルで働いている人の話を聞いてみると、働く為に必要なスキルがわかります。
英会話はできれば学んでおきたいところですね。